amedia-online

自由が丘のカメラ好きな美容師 雨宮(amemiya)の情報発信media

シグマSIGMA30mm/f1.4DC DNマクロフォーサーズ用をレビュー

calendar

reload

シグマSIGMA30mm/f1.4DC DNマクロフォーサーズ用をレビュー

SIGMAの30mm/f1.4DCDNを最近購入しましたので、使用感などを書いていこうかなと思います。

この記事にたどり着く人は、マイクロフォーサーズユーザーかなとおもうのですが、僕はルミックスgx8を使用していますので、焦点距離は2倍の60mmの標準単焦点として記事を書いていこうと思います。ソニーのマウントはAPS-Cなので1.5倍だと思うので、45mmですね。

なので若干中望遠よりの標準レンズというかんじですね♪

おっとそのまえに僕はパパカメラマンであるという大前提を一つ付け足しておきたいなと。(子供を撮るという事)

スポンサーリンク

シグマSIGMA30mm/f1.4 DC DNスペック

 

レンズ構成枚数 7群9枚
画角 (DC) 50.7°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 30cm
最大撮影倍率 1:7
フィルターサイズ φ52㎜
最大径 × 長さ φ64.8mm × 73.3mm
質量 265g

スペック表だけ書き出すとこんな感じです。改めてみると、最短撮影距離30cmまでよれるんですね。どうりで割と寄れると思いました。歪曲収差はデジタルで補正するのでコンテンポラリーというカテゴリーみたいな記事を読んだのですが僕は基本JPEGで撮って出しが多いので、JPEGでは補正が効くというところからそこまで気にしていません。

サイズは大きいけど265gって結構軽いですね。僕はLUMIXのGX8なのでボディがかなり大きいのでちょうどいいですが、小さめのボディでは大きいだろうなという印象。

 

 

シグマ30mm/f1.4 DC DNはコスパ最高の標準単焦点

ネットだと結構賛否両論でアワアワしてしまいそうなのですが、率直に言うと買って大正解。写りがとってもクリアでちょっと中望遠的な立体感もでてよくぼける。パープルフリンジが結構でるとか、フレア、ゴーストが割と出るとか、まぁ色々言われたりはしていますが、レンズの癖をつかみながら上手く使えば問題ないかなとも思います。

 

 

 

簡単に作例を挙げておきます。リサイズしているので若干画質おちてるかな?結構透明感がでてなかなか好みのレンズなんです。

定価は48000円+税 2017年6月1現在アマゾン楽天大体の相場は33000~36000くらいなので結構お手頃な感じで購入できます。

 

 

マイクロフォーサーズユーザーの悩みは標準単焦点の選択肢があまり多くない

僕もここで結構悩んだのですが標準域の単焦点の選択肢が割と限られているという事。僕の性格上ルミックスの[25mm/f1.7]とオリンパスの[25mm/f1.8]はお手頃で買いやすいのですが、多分もっと明るいのが欲しくなるので最初からある程度妥協せず満足行くのを買うというのが正解かなと思ってます。

そうなると候補に上がってくるのがパナソニック LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. [H-X025]

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

 

この二つが上がってくるわけなんですが。オリンパスの25mm f1.2はとっても魅力的だけどお財布的に絶対に無理。wいずれ欲しいですけどね。

 

パナライカ25mm/f1.4とシグマ30mm/f1.4を実機で触りながら比較してみる。

とりあえずネットのあれこれだけではらちがあかないので、実際に実機を触りにいった感想を。。
パナライカ25mmは2011年発売で結構型が古いのが難点というか、写りは評判もいいし、何となく色気がある写真に仕上がるきがする、がAFがそんなに早くないのと、AFが結構後ろにポーンと抜けたりする、結構迷子になる印象。ここがパナライカ25mmの買わなかった理由です。
子供を撮るという前提でなく、スナップとか、じっくり被写体と向き合えるのであれば、パナライカの方が表現力的には好みのレンズになるのだろうが、子供をとるのにAF性能はかなり重要と判断したということです。

ネットを見ているとそろそろリニューアルして絞りリングつけてくれないかなという声を多く見かける。僕もそう思う。ほかのライカシリーズの単焦点はみんな絞りリングついているのだから、残りはこいつなんです。ただリニューアルの情報もまだ全然聞かないのですがいずれはきそうだなと思い、このタイミングで買うのは無しかなという判断になりました。

シグマ30mm/f1.4は2016年発売だけあってAFも普通に使用する範囲では十分早いし、不満はないです。10mm長い分被写体の立体感も、ボケも少し出やすいのかなと・・・

マイクロフォーサーズは比較的ボケづらいと言われているマウントのなかで十分なボケを楽しめるのではないかと。

 

シグマ30mm 換算60mmの気になる画角の使用感は?

それこそ個人差があり感覚的なものにはなってしまうのですが。僕は普段中望遠換算85mmで子供を撮影しているので、60mmはすごく扱いやすい画角だなと思っています。

切り取る写真が多い人にはすごく扱いやすい画角かと思います。換算30mmの広角も持っていますが。スナップならいいのですが、なんとなく僕は換算30mmが苦手で、すごくありきたりの写真になってしまうなというのが難しさを感じている理由です。

中望遠だと室内はやはり結構厳しい、標準の換算60mmはおもったよりも全然寄れるし、ポートレートにも向いているといういいとこどりな画角だと思いました。

60mmってどうなの大丈夫?と思っている方の参考になればいいなと思います。

参考サイト


フォトヨドバシはレンズが欲しくなった時にまず見てしまいます。写真が上手なので迷っている背中を押してくれること間違いなし。
(背中を押してくれるのがいいのか悪いのかはさておいてw)

レンズレビューおすすめ記事はこちらから

記事中使用レンズのタグ振り分け

amedia-onlineではカメラ記事以外でもカメラを使って撮影している記事が多くございます。その記事で使用したレンズをタグで振り分けをしております。レンズの作例という感じで活用してもらえたら嬉しいです。

フジフィルムXマウント(メインマウント) 

マイクロフォーサーズ(サブマウント)

※メイン機マウント移行により売却済みレンズには「★」を付けています。星無しは現在でも運用中。

 

 

instagramでも繋がってみませんか? followme.
@amemiya_ecru

ブログをメールで購読

SNSをやっていない方はこちらからブログの新着を受け取ることができます。

200人の購読者に加わりましょう

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


自己紹介

Amemiya Ryuichi

Amemiya Ryuichi

自由が丘の美容室エクリュでスタイリストをしています。趣味はカメラとブログと家庭菜園他にも色々多趣味で変な美容師。趣味を生かしてWEBの制作依頼から、写真の撮影依頼もこなしています。 もちろん本業が第一です。メンズカットが得意でマニアックな会話から理系男子率高めw [詳細]