amedia-online

自由が丘のカメラ好きな美容師 雨宮(amemiya)の情報発信media

カメラ好きな美容師が美容師にお勧めするスマホの条件。

calendar

reload

カメラ好きな美容師が美容師にお勧めするスマホの条件。

自由が丘美容室エクリュのカメラ好きな美容師の雨宮@amedia_online)です。

カメラだけでなく実はスマホ(ガジェット)好きなので、電気屋さんに入りびたりスペックと実機を確認したりするのも趣味です。

そんな僕が美容師さんにおすすめできるスマホを解説付きでご紹介していきたいと思います。

美容師さんは日々の営業中もヘアスタイルを撮影する機会があったり何かと写真を撮影する機会が多いと思います。毎日デジイチを持ち歩いている人ならいいですが、なかなかそんな人はいませんね(僕は毎日持っていますが。w)

スマホで気軽に写真を撮るにも、カメラの性能が悪いといいスタイル写真になりません。

スポンサーリンク

美容師に求められるスマホカメラ性能とは?

それは、背景をボカせれるスマホ(+αでいうとRAW現像できるスマホだとなお良し話が難しくなりすぎるので一旦置いておきます。)です。いきなりこれ以上ない回答を言ってしまいました。

上の写真みたいなダブルレンズのスマホを観たことがありますか?そうなんですこのダブルレンズのスマホというのがキーワードになります。

例えばこうゆう写真

背景がしっかりとボケて被写体が浮き上がって見えます。これは普通にデジイチで撮影をしたものですが、お客様の撮影でこんな感じに背景をボカせる写真が撮れたらいいなと思いませんか?

今まではスマホの写真が最も苦手とするのがボケを作る事でした。ここ最近はスマホでもある程度このボケを作れる機種がダブルレンズで登場してきたというわけです。

人物(撮影させてもらうモデルさん)を撮る時背景をボカせると何がいいの?

ちょっとでもカメラをやったことがある人ならポートレートという言葉をきいたことがあるかもしれませんが。

ポートレート」とは – 原義:portrait 肖像 人物を写した肖像画または写真。 特にその写真のメインとなる物体が人物であるもの。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/より引用

簡単に言うと普段美容師さんがヘアカタログの撮影とかをしているあの撮影の感じの構図はポートレートと呼びます。余談で「フォトシューティングは写真撮影」という意味です。

さてポートレートという言葉の意味はお分かりいただけましたが、人物写真が背景をボカせるとなにがいいのかというと、効果はざっくり言って2種類

背景をボカして余計な物を整理できる

人物主体の写真なので、他に目移りしてしまうものが背景にあるのはあまりよろしくありません。例えば文字とか看板とか無意識にそっちに文字読みたくなります。背景をボカすことによって視線を被写体に集中させれるという事です。

背景がボケることにより被写体を引き立てれる

背景がボケていると、上の事との相乗効果もあり、より被写体に立体感が生まれてきます。

 

ダブルレンズであればなんでもいいわけではない。おすすめ機種(会社)

最近はカメラ性能をうたっているスマホはダブルレンズが主流になってきているので思ったよりも選択肢が多いかもしれません。ただダブルレンズだからいいというのではなく、本当に重要なのが「ダブルレンズをチューニングする技術」がある会社が作ったスマホじゃないとまだまだ微妙なのが現状です。なので電気屋さんで実機を触りまっくた僕がおすすめの会社を紹介していきたいと思います。

ダメなボカし写真の例を紹介。

基本的にはボカモード(ポートレート)モードというのはデジ一とは違って画像処理で行われています。なので画像の処理が追いついていない機種だと本来ボケないところまでボケてしまうというわけなんです。

シングルレンズのスマホの背景ぼかしモードで撮影。(ダブルレンズでは無いが理論は一緒なので採用しています)

拡大した写真がこちら。

画像の位置的には全体がボケていてもいい部分なのですが妙にはっきりしている所と木に食い込んでボケているところがある

真ん中らへんの葉っぱの所にボケに隙間があるのがわかりますか?ここが不自然なんです

とこんな感じでカメラの処理性能が悪いとこんな感じで不自然な感じでボケが生まれてしまします。一見するとまあまあいい感じかなとも思える画像ですが、カメラをやっている人からすると違和感しかないんです。

そんな話を前置きにして特に上手にダブルレンズでボケを作れている機種を紹介していきます。

カメラ好き美容師がオススメするダブルレンズのスマホは?

とはいっても実は2種類の会社しかないんです。それは「アップルのiPhone」「ファーウェイのPとmateシリーズ」です。

他のダブルレンズの機種を沢山触って見ましたが、なんとなくイマイチだったりする事が多かったです。エイスースとかも沢山ダブルレンズを出していますが。後一息といった感じ。

iPhone7以降のplusシリーズ

この動画を見たことがある人も多いと思いますが、アイフォンの7以降のダブルレンズのポートレートモードは、カメラをやっている人が見ても、びっくりします。なんだiPhoneかよってなりそうですが流石iPhoneと言いたいです。
iPhoneのカメラは画質がいいので(理由はちゃんとありますがオタクな内容なので省略)、きっちり被写体の境目がキレイに残ってボケてくれます。

7plusでかなり驚いたので現在発売している8plusやiPhoneXとかを選ぶのであれば間違いはないと思います。

Twitter参考画像

HUAWEI(ファーウェイ)P9以降の(ライト以外)+mate9

キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)のスマホを普段使っている人にはあまり馴染みがない会社かもしれませんが、最近流行りのSIMフリー端末では超有名な会社です。ファーウェイはカメラで有名なライカと共同開発をして、スマートフォンのカメラにライカの厳しい基準をクリアしたレンズを用いています。ダブルレンズの先駆けとなった会社なので、ポートレートモードの写真の仕上がりはSIMフリー系では個人的にはNo1です。

現在発売されているもので行くとP10、P10plus、mate9 (ちょっと古いけどP9)があります。このあたりも実機で試しましたがびっくりするくらいのいい感じです。一眼いらないかなとか思ってしまう・・・(それはないんですけどね。w)

Twitterでの参考画像



最近のスマホはRAWで撮れるようになってきています。(カメラやっている人向けの追記)

これ最近の機種にちらほら出始めたんですけど、スマホなのにRAW形式で撮影できる機種が増えてきました。
これはかなり画期的で、スマホはイメージセンサーのサイズが小さいから元々ダイナミックレンジの幅が狭いので白とび黒つぶれをRAWで持ち上げれるとしたら、結構メリットはおおきいですね。

上で紹介した二つもそうですけど、新しめのダブルレンズ系にはついている可能性が高そうです。気個人的にすごいメリット。。

まとめ

いつもながらオタク感丸出しの記事になってしまっていますが、最近のスマホの進化はすさまじいです。

数年前までスマホでこんな写真が撮れるなんて思ってもみなかった。

カメラを買わなくてもここまで撮れるのだから、スマホだけでいいって人が増えてくるのにも納得です。
個人的にはスタイル写真でさえこの二つの機種なら可能だと思うそのくらいの可能性は秘めていると思う。

 



instagramでも繋がってみませんか? followme.
@amemiya_ecru

ブログをメールで購読

SNSをやっていない方はこちらからブログの新着を受け取ることができます。

157人の購読者に加わりましょう

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


自己紹介

Amemiya Ryuichi

Amemiya Ryuichi

自由が丘の美容室エクリュでスタイリストをしています。趣味はカメラとブログと家庭菜園他にも色々多趣味で変な美容師。趣味を生かしてWEBの制作依頼から、写真の撮影依頼もこなしています。 もちろん本業が第一です。メンズカットが得意でマニアックな会話から理系男子率高めw [詳細]