【自由が丘美容室エクリュ】パーマはどのくらいの頻度でかけたらいいの?

  • 2017年7月19日
  • 2017年9月21日
  • 美容

どうも自由が丘の美容室エクリュの雨宮です。お客様でパーマをふだんからかけるお客様によく聞かれるのが

パーマってどのくらいの頻度でかけたらいいですか?

と言われます。

答えから言わせてもらえば、スタイル的にウェーブが足りていなければかけますし、足りていればパーマをかける必要はもちろんありません。

大前提としてパーマは薬剤なのでパーマをかける頻度が短ければ短いほど痛みやすいです。これはパーマに限らず、カラーもそうです。なので上でも言ったみたいに必要がなければもちろんかけない方がいいというのが雨宮的な意見です。

当たり前といえば当たり前ですが。

じゃあなぜこんな当たり前な記事のタイトルで書き始めたかというと

 

広告

パーマはカットで復活させれる(再度活かせる)という事

語弊が生まれそうなタイトルになってしまいましたが、もちろんカットしなおしたらパーマが強くなるなんてことは無いのですが、髪の毛の量が多くなっていきていてパーマのウェーブを活かし切れていないだけという事もよくあります。

カットでパーマの活きる隙間を作ってあげることで、ウェーブが復活したかのようにすることができます。

簡単に図を作ってみました。即興でPCのペイントで作成したので画像のクオリティについては触れないでくださいwあくまで想像しやすいようにイメージとしてという感じですので

切る前の状態はこんな感じで隣り合う髪の毛の束が重なり合って窮屈な感じ。

 

隙間を作るようにカットをすると、こんな感じのイメージ図になります。こうすると残ったパーマ部分が自由に動けて。パーマを活かせるという仕組みです。

 

 

パーマを活かしたカットをしたお客様

という上の説明をしながらお客様の写真を撮らせていただいたのでのせていきますね♪

こちらのお客様もカットをすればパーマがまた出てきました。次回のパーマをしたらいいかというのをしっかりカウンセリングしながら、アナウンスさせていただきます♪

 

 

 

広告