美容師が考える「雑記ブログ」と「専門ブログ」という悩み。

美容師が考える「雑記ブログ」と「専門ブログ」という悩み。

スポンサーリンク

自由が丘美容室エクリュの雨宮です。

ここ最近ずっとここで悩んでいます。ブログをやっていると「雑記ブログ」と「専門ブログ」という言葉にぶち当たる人も多いのではないかと思います。

 

この二つはどうゆうことかというと、書いてあるとおりの意味なのですが、「雑記ブログ」はテーマを決めず、自分の興味あることや、書きたいことを色々書いていけるという事。テーマに縛られないので僕的には色々な趣味がある人には一つのブログ内で書けるのでセルフブランディングという意味では雑記ブログはメリットがあります。

僕のブログ「amedia-online」も色々なジャンルの記事をかきますので今のところはこっちに属しています。

 

専門ブログ」とはテーマを絞って、記事を書いていきますので美容師として集客を目的にするなら美容記事をずっと書いていくのがSOE的にも読者的にもいいのです。

美容師さんで一般的にブログをやっている人は「専門ブログ」に属しているのではないかと思います。(美容の記事をメインにあつかってるブログなどは)

※有名な美容師さんで雑記ブログの方もいます。

 

 

スポンサーリンク

ブログで集客したいの?

集客したくないわけではないんです。もちろんブログから僕を知ってもらって、来店に繋がればいいなとは思います。前のブログ「自由が丘美容師の徒然」では何人かブログからご来店頂いたりしていました。

ヘアスタイルや美容に関する記事やヘアスタイルの記事を多く上げたりしてやっぱりそれをみて来店される方が多いのですね。

amedia-onlineではあまり美容記事は書いていません。沢山書いてもいいのですけど、そんなに書いていませんね。

あえて自分の考えや趣味や、子育てなど、そんな方向性からの記事が多くなっています。雨宮隆一という人に興味を持ってもらえたらいいなと・・

 

「カメラがアホみたいに好きな美容師」「家庭菜園好きな美容師」「子育てしている美容師」「美容記事を書かないへんな美容師」「美容師???」

 

こんな感じでこいつ面白いな、思ったより近くで美容師やってる♪話が合いそうだから行ってみようと。(理想で妄想)

そうこんな感じになればいいかなと。

 

雑記ブログは読者にとって常に面白い記事になるとは限らない

 

ここマジで悩んでます。

 

そうなんですよね~最近だとカメラ記事を沢山書いていたりするのですが、興味ない人には意味プーな内容だし。僕の書きたい欲でカメラの記事続いちゃったら、なんだよ~つまんないなぁってなっちゃいますよね。ほかの趣味や育児の記事もそうなんでしょうが、

 

最近は映画の記事は万能だということが分かりましたが、映画の評論ブログをしたわけではないので趣味の範囲でレビューということになるのですが。

 

 

そうか宣言すればいいんだ。

 

「私は結構色々とマニアックです。」

「なので」

 

マニアックで意味プーそうな記事はポイッとしておいてください。w

 

タイトルから少しそれたかな?

 

 

 

 

まとめ

色々な職業の中でも割と美容師という職業はブログをやっている率が高い職業にはなるかと思います。お店単位であったり、個人だったり、どうゆう方向性でブログをやるか、果たしてこの方向性で間違ってないのか・・・・色々悩んだりしていると思います。そんな気持ちを共有できたらいいかなと思います。

ただアウトプットするというのはとってもいいことだとおもうのでブログはずっと続けていきたいですね。面白いし。

 

 

 

ブログ運営カテゴリの最新記事