2000円代の激安フィルターセット(CPL+ND4+UV)はコスパ最高。

2000円代の激安フィルターセット(CPL+ND4+UV)はコスパ最高。

スポンサーリンク

自由が丘美容室エクリュカメラが趣味の美容師雨宮@amedia_onlineです。ちょっと前に買ってよかったフィルターセットがあったので紹介していきます。

「K&F Conceptフィルターキット」というやつです。

中国メーカーなので割とお安い感じです。評判は調べるとマチマチ(上級者には評判はいまいち)みたいですが。個人的にはND(減光フィルター)とCPL(偏光フィルター)を使いたい撮影があったので買ってみました。

 

スポンサーリンク

このセットはどう考えてもコスパが良すぎる。ケースの作りも良い。

 

外側の外装

しっかりしたナイロンで作られているのでとても頑丈にできています。ロゴも刺繍ですので安っぽくありません。(経年劣化でロゴがボロボロしてこない。)

開いた内側

メッシュ素材で3ポケットありそれぞれにしまうことができるのでフィルターが傷つくことがありません。またメッシュなのでなんとなくフィルターの色の濃さでどれかがわかる感じです。(NDとPLはメッシュ越しだとわかりづらいけど・・・)

3枚のフィルター達

JAPANって入ってるけど。中国ブランドですよね?何のJAPANなのだろうかなとは思う。w CPLフィルターやNDフィルターは個別に電気屋さんとかで見ると安くても3~4000円くらいからなので二つを合わせても6~8000円になることを考えたらこのフィルターセットは破格の値段である。

PLフィルター(偏光フィルター)

PLフィルターとは、Polarized Light(偏光)フィルターの略で、偏光膜を利用したレンズフィルターです。
2枚のガラスの間に偏光膜をサンドイッチした構造になっており、偏光膜の向きを回転させるための回転枠構造になっているのが一般的です。
フィルターを回転させることによって水面反射などによって発生する偏光をカットすることができます。

http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/filter/kaneko/page_01.htmlより引用

夏にCPLフィルターを使ったブログ用の写真を撮ったのを忘れていました


普段海に行く機会なんてあまりないので、浜辺に出て撮影。
CPLフィルター使用前

CPLフィルター使用前は水面がかなり反射して白くなっています。

PLフィルターを回していくと・・・

PLフィルターを回して偏光加減を調整していきます。

完全に反射が消えました。

おぉ~。いいですね。消えましたね~安物だから役目を果たせないかと思ったらしっかりと成果は出してくれました。解像度が落ちるという記事もありましたが、個人的にはそこまで気にならないかなとも思います。(僕のレベルだとそんなもん。等倍もしないので)

 

DN4フィルター (減光フィルター)

NDフィルターとは、ニュートラル・デンシティー(Neutral Density)フィルターの略で、直訳すると”中立な濃度のフィルター”と言う意味になります。 目で見える範囲の光を均等に吸収するよう設計されており、発色に影響を与えることなく、光量のみを少なくします。

http://www.kenko-tokina.co.jp/special/product_type/nd/nd.htmlより引用

用途としては、昼間にスローシャッターで撮影したい場合、噴水とか滝を滑らかに表現したいときとか、歩いている人を消したい時とか、

モノクロですいませんwこうゆう表現したい時とか。

※すごい余談ですけどLumixGX8のアートフィルターのラフモノクローム悪くないなぁ…w

明るいレンズで開放で撮りたいけどシャッタースピードが足らないとかそんな時に使う。晴天でピーカンだとf1.2のレンズくらいになるとメカシャッター1/8000でも切れない時がある、電子シャッターなら全然余裕ですが、電子シャッターがない機種や、シャッタースピード1/4000までの機種とかだと必要性を感じることもあると思います。

UVフィルター

UVフィルターは昔はフィルムが感光してしまうためUVカットが必要だったらしいのですが、デジタルの現代ではこまで必要性はないらしいです。普通の保護フィルターとして利用する感じで大丈夫みたいです。

 

初めてCPL・NDフィルターを利用するには十分

中国産で質の問題とか色々あるかと思いますが。個人的には初めてフィルターを使った撮影をする人には十分撮影を楽しめるクオリティはあると思います。PLフィルターで景色の彩度が高い状態で撮影をしてみたり、ガラスの反射をけしてみたり。NDフィルターでスローシャッターで街の人を消してみたり。

フィルターを使わないと出来ない事もあるのでエントリーセットとしていかがでしょうか?

カメラ・写真カテゴリの最新記事