プラグイン不要のワードプレス標準装備のギャラリー機能が便利

プラグイン不要のワードプレス標準装備のギャラリー機能が便利

スポンサーリンク

自由が丘美容室エクリュ雨宮@amedia_onlineです。

最近はブログの内容的に誰得?だの… 本当に美容師なんですか?という言葉を言われたりしておりますが美容師ですw

先日プロフィールをリライト(記事の再編集)をしていて、美容師なのでヘアスタイル写真をまとめてgalleryにしたいなと思いながら、ここだけ使うのにプラグインを入れるのもなんかなぁ~と思いながら

 

 

ワードプレスには写真のギャラリー機能が標準装備されているのを思い出して実装してみました。

メリットやデメリットもあると思います。

スポンサーリンク

実は簡単ワードプレスのギャラリー機能の使い方

まず使用するのには固定ページや記事を作成中の画面のメディアの追加で使えます。メニューバーのメディアの所からだと表示がされません。

 

メディアの追加⇒ギャラリーを作成

こんな簡単な手順はないですね。でも実際にはギャラリーを作成は結構見落としがちで、どこで作るんだろうって思っている人も多いのではないかと思います。

ギャラリーを編集する

ギャラリー編集画面は上のような感じ。ギャラリーの追加で画像を追加していく。右側ではギャラリーに関しての簡単な設定を行える。

項目は次のとおり

ギャラリーの編集設定内容

  • リンク先
  • ランダム表示
  • ザイズ
  • 表示タイプ

投稿編集画面での表示

投稿編集画面では次のように表示されるようです。ここに挿入されている全部の画像が一括りになっているのでこの画面での画像の追加とかはできず、画像の鉛筆マークの(編集ボタン)から入って編集をする感じになります。

 

 

ギャラリーの表示は二通り

ギャラリーの表示は2種類「スライドショー」と「サムネイルグリッド」の二通り。

スライドショー(表示例)

スライドショーだとこんな感じです。枠が割と太くて気になると言えば気になる…色々細かい設定があまりできない。たとえば専用のプラグインだと、スライドの速度とか枠の幅、枠有り無し、エフェクトでフェードインなどを選べたり細かく設定できるモノが多いのですが、必要最低限といった感じ。

サムネイルグリッド(表示例)

こちらはかんな感じで表示されます。カラムの数(横に何枚画像を入れる数)は指定が出来たので数で雰囲気はだいぶ変わりそう。割とこっちのほうがスッキリした仕様で、おしゃれかもしれない。

あまりにも枚数が多いギャラリーを作ると表示数が多くなりすぎて少し見栄えに影響するかもしれない。

 

メリット・デメリット

少しいじっただけですが長所短所が見えてきたので上げておきます。

メリット

プラグインを使用せずギャラリー機能を実装できるので、普段はギャラリーを多様せず、たまに少ない箇所で使用したい場合などにはかなり有効である。

標準で入っているので日本語で使え簡単な操作で使えるので、簡単に作れる。(海外プラグインで全て英語とかもよくある)

表示タイプは2種類あるのがいい。

 

デメリット

細かい設定が編集できないので、あれをこうしたいとかは難しい印象。複数の箇所で同じギャラリーを使いたい場合、ワードプレスには便利なショートコードというのがあるが、このギャラリーにはないのでその場合は素直にプラグインの使用をすすめる。

記事の編集画面に行かないと編集はできない。記事数が多くなってくると探すのが手間になるかもしれない

 


まとめ

ワードプレスに標準装備されているギャラリーを使用してみての感想記事になりますが、おもったより使用している人が少ないのでどんなけダメなのかと思ったら、意外と使えました。

デザイン的には選べないので、使用者が増えてくると、被る可能性がたかまりそうですね。

 

ブログ運営カテゴリの最新記事