マイクロフォーサーズの換算400mm望遠ズームで撮る上野動物園の動物達

自由が丘美容室エクリュ雨宮@amedia_onlineです。

最近はやっと少し気温も暖かくなってきたので動物園に行きたくなる時期になりましたね。真冬と真夏の動物園って死ぬほど辛いので(暑いし、めちゃくちゃ寒いし)春と秋は動物園シーズンではないかと個人的には思っています。

上野動物園に行ってきまして動物写真を撮りまくってきたのでアップしていこうかなと思います。

もって行くカメラはメイン機の富士フイルムは一切置いていくという英断をしてマクロフォーサーズのエントリー機一本でいくという潔さで行きました。(結構よくやるパターン)

 

広告

まずは機材紹介エントリー機LUMIX DMC-GF6LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.のサブ機コンビ。(ザ・アンバランス)

エントリー機のGF6に激安ズームの45-200mmというアンバランスな組み合わせ。

まぁ手持ちがこのLUMIXGF6LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.としかないというのもあるのですが結構気に入って使っています。動物園の撮影って結構ガチ勢がおおくてバズーカでバシバシ撮っている人が多くいます。その横でこれでバシバシ撮ります。w

もうカメラガチ勢の横で申し訳ない程度に撮影する事に・・・w

 

という冗談はさておき子供付きの動物園は機動力が勝負ですから。この選択肢は、間違っていないと思ってます。

マイクロフォーサーズユーザーの合言葉「軽いは正義」です。w(合言葉かは知らないw)

 

 

上野動物園の動物たちの写真をマイクロフォーサーズの望遠で撮影していく。

動物ごとにバンバン写真を上げていこうかと思います。

おさるさん

枝を食べる猿さん 上野動物園
枝を食うお猿さん
上野動物園の猿
真剣にどの葉っぱを食べるか悩んでいる。w
上野動物園 お猿
お山の大将?

ゴリラ

上野動物園 親子ゴリラ
親子ゴリラ。息子にこっち見られてるw
上野動物園 ゴリラ
ゴリラっぽくないな・・・

ゴリラの檻にいたからゴリラだと思うんですけど。ゴリラというより猿人類かとおもった。なんなのこの貫禄は。

 

アザラシ

上野動物 ちょい顔出しアザラシ
ちょい顔出しアザラシ

アザラシって。なんかぬめっとしてますね。笑

目に覇気がない? 見えてるのかな?

 

 

トラ

上野動物園 虎
やっぱり虎はすごい迫力。かっこいいなぁ。
上野動物園 虎
毛並みの艶感が一番出たショット。

虎の毛並みってツヤツヤしてる。あれかな?オイリーなのかな?(テキトー)

 

鳥さん達(名前はわからないけど一番楽しい。)

鳥を撮るのはとっても楽しかったです。色とりどりですし羽の繊細な感じとかが表現できるとゾクゾクしてしまいますね。皆さんが野鳥にはまる気持ちがなんとなく理解できた気がします。w

上野公園 鳥
白くて可愛い。
上野動物園不忍池 ペリカン
ペリカンが不忍池に・・・・w 最後は檻に戻って行きました。
上野動物園 不忍池 カモ
カモっていがいと撮りごたえがある。模様しているな。
上野動物園 不忍池
これはかもめなのかな?
上野動物園
眠そうですよね。

上野動物園 鳥

上野動物園 
すごいインパクトがある。

 

マイクロフォーサーズの望遠レンズを持って動物園にいくと楽しさが倍増する。

日常だと犬とか猫とかすずめ、はと。東京だと動物を撮影できるといってもこのくらいですので動物園は普段撮影することができない動物を撮影できる最高の撮影スポットだということがわかりました。

どうしても動物園は動物と距離が出来てしまいますし、檻やガラスがあったりして標準ズームだといい感じに撮影するのが難しいです。今回僕が持っていったズームLUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.は換算400mmです。このくらいの望遠ができると迫力ある動物が撮影することができます。

個人的には最低でも換算250mm~は欲しいなと思います。

マイクロフォーサーズは本当にシステムがコンパクトにできます。望遠レンズが小さく持ち運べるのはマイクロフォーサーズのメリットを最大限に活かせるポイントですし、荷物が軽いというのは広い敷地を歩き回る動物園ではメリットでしかありません。

 

ゴリラに乗る息子

 

広告