富士フイルムのミラーレス全機種をおすすめしてみる。撮影スタイル別に独断と偏見で解説。

こんにちは自由が丘美容室エクリュ雨宮@amedia_onlineです。

フジフイルムのミラーレス全機種を独断と偏見で解説をしていきたいと思います。

 

個人的な意見が多すぎるかも。w

 

ツッコミどころは多々あると思いますが寛大な気持ちで読んでいただけたらと思います。

 

広告

フジフイルムが他社と違うのはセンサーは同じなので、画質の優劣が無いという所。

一般的にカメラ会社はエントリーモデル、ミドルエンド、ハイエンド(フラグシップ)という感じで使用する人のレベルにに合わせて、画質を区別化して販売していたりします。

フジフイルムは(2018年4月現在)に現行販売されている(X-A5以外)ものに関してはイメージセンサーが同じ「X-Trans™ CMOS III」というものを搭載しているので、理論上は同じ画質で同じ色で撮影できるという事が一番のおおきな他社との違いになっているかと思います。

今これはさらっと言っていますが。これは大変な事で。機種に画質で優劣をつけないというのをしているのはフジフイルムだけです

違いがあるのは操作性やサイズや拡張性などそう言ったことで自分に合う機種を選べるという事が富士フイルムの良いところかなと思います。

※X-H1に関しては手ぶれ補正があったりするので、手ブレ補正が効くので、ボディの構造的に他よりもブレの少ない写真は撮れることは可能かもしれない。

 

 

 

機種によって得意分野が違うから初級機、中級機、上級機とかそういう順位は関係ないのではないか?(いや根本的にはあるのかもしれないけど・・・)

一応今までは富士フイルムはX-T2とX-Pro2がフラッグシップだという配置になっています。今はX-H1があるのでT2の立ち位置が不明ですが・・・・

例えばE3がコンパクトな機種だから初心者むけとか、X-T20がAUTOレバーついてるから初級者向けとか。そういう区切りはあまり好きじゃないんですよね。コンパクトはコンパクトで他にはないメリットだし。

もちろん操作性の面で、優位性がある部分が多いのは事実かもしれませんが、個人的には各機種にはそれを上回る魅力的な個性があるから、そんな階級で分けるなよって思うわけです

 

あえていうならX-Aシリーズは初級者向けの振り分けでも問題ないかも。

 

 

 

 

富士フイルムのXマウントの機種を独断と偏見で解説していきます。

【X-H1】369万ドットの見やすいファインダーに手振れ補正。X-H1のせいでX-T2の立場があやふやになっているけしからん機種。

 

フジフイルムで初めて手振れ補正を搭載したモデル。5軸5.5段分の手振れ補正はかなり強力。

X- T2とGFXを足して2で割ったような外観で。光学上にファインダーがあるので一般的な一眼レフタイプの使い心地で万能型。縦グリップもあり拡張性が高いです。2018年の冬に噂になっているX-T3は手ぶれ補正が付かないような噂になっているのでそうすると一気に需要が高まりそう。

2018年四月現在では唯一フイルムシュミレーションの「ETERNA」入っている。ファインダーが0.5型有機ELファインダー 約369万ドットとかかなり綺麗な模様。T2でもかなり綺麗だと思ったのに・・・

 

欲しい。欲しい。ほしい。H1かっこいい。

 

 

 

【X-Pro2】中毒者続出。ハイブリットビューファインダーが唯一無二の存在、替えが効かない。

レンジファインダー機

ハイブリットビューファインダーはOVF(光学ファインダー)とEVF(電子ファインダー)をミラーレスで使える唯一のカメラ。フジフイルムと言ったらX-Pro2という人も多い。独特な使用感から中毒者が後を絶たない。ボディ自体の質感も他のカメラよりもワンランク上という話も。

OVFで撮っている時めちゃくちゃ楽しかった。すごくハマるのわかる。もしぼくも最初をX-Pro2を選択していたら間違いなく中毒になっていた。

趣味嗜好性が高いカメラ。

 

Pro2ユーザーは他の機種のユーザーに比べてレンズが似合う似合わないという感じで言う人が多い印象で、僕は不釣合いなレンズが存在するのが嫌でT2にした口。

それもこれも余りにX-Pro2のボディと思想がかっこいいからというだけの話。みんなは悪くない。いわゆるちょいワルでイケメンタイプ。

 

 

【X-T2】万能選手で拡張性が高い。仕事としてプロの撮影環境にも対応できる


万能選手と言われると平凡な感じがしてしまうが、どのサイズのレンズでも不釣り合いになりずらいし、バランスの良い操作性。僕はこの万能感が結構気に入っている。仕事としてつかってもかなり扱いやすいと思う。

縦位置パワーグリップが用意されているとうのが他のモデルとは大きく異なる所(X-H1も縦位置パワーグリップあり)。外でバッテリーの交換がしずらいロケ撮影、宣材写真や、ポートレートなど縦位置撮影を頻繁に使う撮影が多くなってきた場合にメリットが多い

というのもここ最近本格的にお客様のポートレートをやりだしたりしたので恩恵がかなりあるのです。

 

クラスに居た優等生にみんな憧れた記憶あるでしょ?それがX-T2。(イケメン度はX-Pro2に譲ります。w)

X-T2に関しては愛機なので記事がたくさんありますので是非いろいろ読んでみてください

 

 

 

【X-T20】T2を小さくしたのにタッチパネルも使えるから痒いところに手が届く操作性。コスパモンスター。

もし縦位置とバッテリー面でT2のような拡張性が必要ないなら僕はX-T20で結構満足する気がする。それに加えてタッチパネルが使えるので、他の会社などでタッチパネルの操作に慣れている人は、とっても操作性は高いはず。

X-T2ではボディのサイズが大きすぎる人や、女性の方にはすごくちょうど良いサイズだと思う。

何故かX-T20不人気説が流れていますが、そんなことないと思います。

 

だって今現在X-T2より立ち位置が確立されているの知ってました?X-T20ユーザーの愛をいつも感じるよ。

 

【X-E3】ミニマリズム。コンパクトでなければならない人には最高の相棒。

レンジファインダー機

カメラでサイズ感を優先する人もかなり多いはず。正直X-E3はすごいと思う。こんなけ小さいのに他の機種と同じ絵が撮れるんですから。子供ができると余計に荷物を増やしたくないと思うので、ファミリーには最高の機種だと思う。

よくX100Fと比較される事があるけど、僕はX-E3をおすすめしたい

理由はレンズを付け替えれるからということが大きい、ボディはすでに小さいからレンズのバランスで考えなくていいと思うのですよ。

例えば、これ一台で通常は軽めの単焦点で、X100Fに近い軽装日で運用ができるという事。こどもの運動会とかあった場合にX100Fがメインの人はカメラを買うことを検討しなければならないけど、X-E3はアンバランスながらも望遠レンズをつけて撮影をすることができるというメリットはかなり大きいと思うのです。

 

 

小さいは正義。「なにそれ小さっ」と馬鹿にするやつらをこのミニマリズムでぎゃふんと言わせてほしい。

 

 

【番外編X- A5】富士フイルムのエントリー機。アジア地域の海外人気No.1

これだけは番外編。イメージセンサーがX-Trans™ CMOS IIIではなくほかの会社でも使われているベイヤー配列のセンサーを使っているということらしいが。技術屋ではないから詳しくわなからない。ただ、普通にキレイに撮影できるし、フィルムシュミレーションも一部使えるので、意外といい。

Xマウントのレンズが普通に使えるので、こだわりがすくないファミリーなどでは一番扱いやすい機種かも知れない。

 

 

富士フイルムな独り言。

 

全機種素敵だよヽ(*´∀`)ノ

 

こんな記事にお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

 

富士フイルム関連記事

記事数が増えてきたので整理しました。関連記事はこちらから見ることができます。

 

 

広告