富士フイルムの(my)レンズロードマップを考えてみる。【2018/12 改訂版】

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

富士フイルムユーザーに限らずですが、みなさんこのレンズとこのレンズとというふうに買いたいレンズのリストを頭の中に描いている人も多いのではないかと思います。

これは人それぞれ全く違うので単焦点で完結する人や、大三元で揃えたい人色々あると思いますが、僕が多分このレンズを順次買っていくであろうという組み合わせを書いていく記事になります。

 

富士フイルムのレンズたちって個性があって面白いですよね。

雨1

ただ自分の物欲のロードマップをひくだけの記事ですw

 

 

富士フイルムXマウントの理想のレンズ組み合わせ

個人的にレンズを選ぶ基準は汎用性と個性のバランスで選びたいなと思っています。特に富士フイルムの単焦点はかなり個性的な面々が多いです。

単焦点は個性的に。ズームは汎用性を求めてという感じで組んでいけたらいいなと思います。

 

XF10-24mmF4 R OIS【スナップにも使える超広角レンズ】(~2018/8まではこのレンズで行こうと思っていた)

超広角ズームは1本は欲しい。換算15~36mm相当でXF23mmf2の焦点域をカバーしているというのが欲しいポイント。超広角は使いどころが結構難しい印象があるので、23mm(換算35mm)をカバーしてくれていればだいぶ使いやすいし。スナップとして汎用性があっていいなと。

住んでいる土地柄東京は星が全然見えないので星撮りをする機会が極端に少ないので、

2018年に出る超広角の通しズームは、XF8-16mm F2.8は換算で12mm-24mmですので、個人的にはちょっと使いづらい気もする。

XF14mmf2.8【富士フイルム単焦点最広角・収差が少ないレンズ】(2018/12 追記しました)

上のXF10-24mmf4の代わりに最終的に投入することになったのが、XF14mmf2.8というレンズ。換算21mmでやや超広角感が少ない代わりに単焦点ならではのキレの良い画質と、収差をっ徹底的に抑えられたレンズなので、真っ直ぐがまっすぐにうつります。実に気持ちがいいレンズなんです。

洋館とか、建築物の撮影がすきなので、大活躍すること間違いなしですが、普段の使用頻度は低めになる気がします。(常用で換算21mmってつかわないですよね??)

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR【ズームの中に何本単焦点入ってるの?僕のメインレンズ】

最近の僕のメインレンズになっているのが赤バッチのXF16-55mmF2.8 R LM WR。これは本当に最高。語彙力ないけど最高。もしかしたらズームレンズなんて呼ぶのは失礼なレベルの描写性能があります。本当にいつもお世話になっております。ありがとうございます。

 

 

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS【運動会の必須レンズ!高コスパ望遠レンズ】(購入済)

以前富士レンタル通信という記事で「悩む人も多い富士フイルムの望遠レンズXF55-200mmF3.5-4.8とXF50-140mmF2.8を比較レビューしてみた。」という比較記事を書いたのですが、僕が選ぶならXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを選択。やはり通しf2.8は重すぎるのと若干焦点距離がたらない。こっちだと換算で約300mmあたりまでいくので子供の行事にも対応できるのでチョイス。

 

そもそもXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISってかなり優秀だと思うんですよね。望遠端のf値が4.8ですから。通常の望遠レンズだと安いのだと。f6あたりとかf5.4とか結構ある印象なのでこのレンズはコスパはかなり高いのではと思います。

 

雨1

あっ買いました!!(2018/8)

 

【作例】動物園で富士フイルムXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISとX-T3で撮影してきたよ(上野動物園と野毛山動物園) 。

【作例あり】XF55-200mmF3.5-4.8をレビュー。運動会使用も視野に入れた満足度の高い望遠レンズ。

 

スポンサードリンク

 

XF35mmF1.4 R【どう考えても神レンズなので愛してます】

標準域の単焦点は一つは持っていたいとなったら個人的にはこれしかない。f1,4の明るい開放値ととろふわなボケ感はやっぱり神レンズですね。

XF35mmF2 R WRという選択肢も無くはないのだけれど、システム全体の一番明るいf値が2になってしまうのはいささか物足りない感がある。解像感ある描写が好きだけど、ぼかした写真も撮りたくなるんですよね。(結構ぼかしたい。w)

標準レンズで撮るポートレートも結構すきです。

富士フイルムXF35mmF1.4Rをレビュー | 単焦点の最初のレンズにおすすめな理由

 

 XF90mmF2 R LM WR【バッキバキの解像度に惚れてます。ポートレートはお願いします】

ポートレートはXF90mmF2 R LM WRにお願いすることが多いです。僕の中では外せない中望遠単焦点になります。抜群の解像度ですので、髪の毛の1本1本まで写ってしまう。焦点距離が約換算135mmなので、扱いづらいと思う人も多いのですが、実はXF56mmf1,2よりも最短撮影距離は短いので、意外と使いやすいです。

うん。大好き。いつもありがとう。

 

 

 

 

あとがき

このレンズの組み合わせで行きたいなとは思っていますが途中で気が変わることもなくはないです。w 中望遠がXF56mmf1.2になっているかもしれないですしね。

※この記事を書いたのが2018/4ですが既にXF56mmf1.2を欲しがっているw

雨1

いい加減買おうか…(2018/12)

 

マクロが若干弱い気もしますが。。。うむ。

色々機材整理をせねばなりませんね~。みなさんも大体の自分なりのレンズシステムが完成しているのではないですか??

 

SNSで最新情報をチェックしよう!