フォーカルレデューサーアダプターの中一光学Lens Turbo IIをレビュー。オールドレンズの焦点距離に近い状態で使える魔法の様なアダプター。

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

僕は現在富士フイルムを使用しています。オールドレンズを使うのにあたって悩むのが、

広角単焦点は数が少なく、タマ数が豊富なのは50mm付近の単焦点がとっても多く手に入ります。そうするとイメージセンサーがフルサイズ機以外の人だと焦点距離が伸びてほとんど中望遠の焦点域で撮影しているという事があると思います。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回紹介するフォーカルレデューサーアダプターという魔法のアダプターになります。
吹き出し画像 アイコン
あめ
どらえもんみたいなもんですよ。きっと・・・悩みを解決してくれるwいやしらんけど・・・

 

フォーカルレデューサーアダプターとは?

フォーカルレデューサーアダプターとはマウントアダプターの中に縮小光学系と呼ばれるあまり聞きなれない補正レンズが入っているマウントアダプターの事をいまして。色々な会社から発売されています。

簡単に言うと、マウントアダプターの中にレンズが入っていて、そのレンズの焦点距離を短くすることが出来る。というもの。
そうすると本来APS-Cだと1.6倍の焦点距離で50mmが中望遠になってしまっていたのを1.1倍の焦点距離で使用できるという奇跡の様なマウントアダプターになります。ちなみにマイクロフォーサーズだと2倍になってしまってた所が1.4倍で済みます。マイクロフォーサーズでもかなり恩恵は受けれますね。
ただレンズが入っている特殊なマウントアダプターになってしまうため、比較的お値段が効果になってしまうというデメリットも・・・・

 

吹き出し画像 アイコン
あめ
正直ほとんどのレンズを中望遠でMFでやるのとかちょっと無理だな…と考えていた僕には神様みたいなアダプター

 

マウントアダプターの(レンズ側のマウント)の種類もたくさんある

僕のメインマウントが、富士フイルムなので、ボディ側はXマウントのものを紹介していますが、ソニーEマウント、マイクロフォーサーズマウント、などがある。

 

 

今確認しただけでもレンズ側は富士フイルム→キヤノンEF、キヤノンFD、ニコンF、M42、とか。フィルムカメラをやるなら使っている人も多いマウントはそろっているのはありがたいところですね。

 

 

 

中一光学のLens Turbo IIはお値段もお手頃で、評判もいい。

Lens Turbo II
今回買ったのは中一光学のLens Turbo II(富士フイルム→M42マウントへ変換)

今回色々調べ回って、僕が買ったのは、中一光学というブランドの「Lens Turbo II」というフォーカルレデューサーマウントです。

中一光学は、中国瀋陽の光学メーカーで、MITAKON(三竹光学のヨーロッパ向けブランド)のOEMメーカーとして30年の歴史があります。高スペックでありながら低価格なレンズを作っているメーカーです。

中一光学で有名なレンズのシリーズにSPEEDMASTERというのがあって、富士フイルムのXマウントでも出ています。

中国だから心配に・・・と思うかもしれませんが、中一光学の作るレンズはなかなかよく写って評判がいいのです。(全く言いたい事がないわけではないけれど)

 

一番人気なものでメタボーンズのSpeed Boosterというのが性能的には抜群らしいのだけど、明らかにレンズが買えるレベルのお値段なので断念。

値段の幅的には10万円近くとか、5万円とかかなり値段の幅があるのがフォーカルレデューサーマウントで安いものは1万円ちょうどくらいのものも・・・

レンズが入るアダプターなのでしっかりと見極めて買わないと、画質の低下が起こり得るようです。

色々な口コミをみたら比較的中一光学のLens Turbo IIは評判がよく、お値段的にもまぁまぁいける範囲(2万円いかないくらいです)なので今回購入をしたということです。

 

吹き出し画像 アイコン
あめ
通常のマウントアダプターは安ければ数千円からあるので、それを考えると安いとは言えないのですが・・・

画質については今の所気になるところはなく良好。

事前に評価の悪くない中一光学のLens Turbo IIを購入したため今の所画質については不満は特に感じていません。

画質や作例についてはオールドレンズについての記事を二つほど書いているのでその記事で確認してもらうのがお勧めです。

関連記事

[template id="2834"]とりあえず下の記事からのセンセーショナルなオールドレンズデビューがはじまったのですが。(センセーショナルではない。) https://amemiya-hair.tokyo/2018/05/old[…]

Super Takumar 55mm F1.8
関連記事

[template id="2834"] どうもオールドレンズについに足を突っ込みました。オールドレンズ1年生になりました。 何故今までやってこなかったかと言うとイマイチ構造を理解していなかったのです。MFレンズ自体は使った事が[…]

 

 

フルサイズ以外でオールドレンズで撮りたいならあったら嬉しいアイテム

Super Takumar 55mm F1.8

フルサイズ以外でオールドレンズを楽しもうと思ったら。。やはりレンズの焦点距離に近い焦点距離で楽しめるのは大きいですし。通常のマウントアダプターも持っていれば、焦点距離を変化させることもできるので、色々な使い分けを出来ると思います。

吹き出し画像 アイコン
あめ

個人的には必須アイテムになりそう。

 

 

デメリットとしては値段が結構するので。そんなにたくさんのマウントを買えないという事。

こんなに便利な魔法のようなアダプターなのですが、先ほど書いたようにやはりお値段がします。オールドレンズにはM42マウント以外にも様々なマウントのレンズが存在しますが、数千円のマウントアダプターをいくつも買うようにそろえるのは金銭的に難しいです。

それだったら、SONYのα7シリーズをオールドレンズ用として購入するのがベストな選択になるでしょう

 

 

フォーカルレデューサーをまとめると

簡単にまとめると・・・・

  • APS-Cの場合、レンズの焦点距離の1.1倍で使用できる、マイクロフォーサーズでは1.4倍
  • フルサイズ以外のカメラで、広角が少ないオールドレンズの悩みを解決してくれる(全部中望遠にならずに済む)
  • お値段が普通のマウントアダプターよりは高い。。。

 

SNSで最新情報をチェックしよう!