甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)は古民家でくつろいだり、古道具の撮影が楽しい | カメラブロガーが写真で地域活性化をしたい。

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

細々とカメラブロガー(美容師だけど)やっています。地元に帰った時に甘草屋敷という重要文化財を見学している時に、ふと地元の人との会話からでた「地域活性化したいんだけどねぇ。」という言葉。

関連記事

[template id="2834"] 僕は普段は東京が生活の拠点になっていて地元に帰るのは盆と正月くらいになっています。東京に住んでいる人は東京人は少ないといわれたりするのでたいがい地方の人だったりします。 みんな地元にかえ[…]

 

自分に何かできないかなと思ったのですね。

吹き出し画像
あめ
そうだ、いっぱい写真を撮って魅力を紹介しよう。

 

都心から90分。甲州市ってどこよ??

まず山梨県の甲州市ってどこだって話ですよね。東京から中央線に乗って八王子方面にひたすら乗っていくと着きます。特急にのると、約90分位で着く近場の田舎といった感じです。

甲州市 位置地図

ただの田舎ですけど、勝沼はワインやぶどうで有名です!

武田信玄ゆかりのお寺とか、隣の市になりますが、西沢渓谷という有名な渓谷があったりします

 

 

吹き出し画像あめ
自然が豊かなのは間違いがないですよ。

 

旧高野家住宅 (甘草屋敷)は甲州地域特有の造りで見ごたえ抜群の古民家

甘草屋敷

旧高野家住宅 (甘草屋敷)は山梨県甲州市(旧塩山市)の塩山駅の目の前にあります。八代将軍吉宗の時代に薬用植物の甘草(カンゾウ)を栽培して幕府に納めていたことから「甘草屋敷」と呼ばれているそうです。

幕府に収めていただけあって家はかなり大きくて立派ですね。

住宅は19世紀初頭の建築と考えられ、桁行十三間半(24.8m)、梁間六間(10.9m)あり、屋根は大棟を東西に通した切妻造、茅葺型銅板葺で、南面中央部に2段の突き上げ屋根を設けた大型民家です。屋根を支える柱は高く棟まで通る棟持柱で、これに梁を重ねて渡した間に見せ貫を通し漆喰塗とした妻璧の構造は、優れた美観を呈しています。この棟持柱は、同じく茅葺切妻造民家である「大和棟」や「合掌造」にはみられない、甲州地方の特色を遺憾なく発揮したものです。

引用:甲州市旧高野家住宅 (甘草屋敷)のページより

そうか昔は藁葺だったんですね。

今は保存のため銅板葺になっているようですがこの大きな古民家がわらぶき屋根だったらとっても見ごたえがありそうですよね。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)の施設情報

所在地 〒404-0042 甲州市塩山上於曽1651
電話番号 0553-33-5910
定休日 火曜日(祝日の場合は開館)、
祝日の翌日、年末年始
営業時間 9時~16時30分(子ども図書館は午前9時30分から)
アクセス JR塩山駅北口正面
備考 個人 大人300円 小人・学生200円

 

甘草屋敷はお座敷で甘草茶を飲みながらゆっくり過ごすことができる。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)
入口でお金を払って中に入る

建物の中に入ると、入口で料金を払ってい入ります。大人は300円なのでなかなかリーズナブルですね。入館情報などは後で、

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)
一階には広い客間がある。

古い古民家なのでとにかくひろいです。普段東京の狭いマンションで生活をしている人からすると、開放的な部屋というのはそれだけでも気持ちがいいもんです。

「上がってお茶飲んでいってください」

と声をかけられて靴を脱いで上がる。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

とても天気のいい日だったので、そとからの太陽の日がとても気持ちがいい。

日本人で縁側が嫌いな人なんていないと勝手に思っているのですが、縁側に座って一日まったりしたいもんです。(疲れているのか??)

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

テーブルごとににお花がいけてあってとても素敵。こういう心遣いがなんとなくうれしいですね。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

ここのお屋敷の名前にもなっている甘草のお茶と柿を出してもらった。柿を食べると秋だなぁという気持ちになる。

甘草のお茶は癖がなくてとても飲みやすいので、ちょっと普段から取り入れてもいいかなと思う。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

どうしてもカメラブロガーなので、写真をたくさん撮りたくなるのが性なんですね。部屋の中や、廊下とか古民家は何を撮っても楽しいんですよね。

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

こういうただの廊下も撮っていて楽しい。木の古びた質感とか、年季を感じるものというのは何故か不思議な魅力があるものなんですね。

 

時間があるなら、一日中ここの縁側でゴロゴロしていたい・・・・・

 

二階には古道具など貴重な品々がずらりとたくさんあって見ごたえがある。(撮りごたえともいう・・・)

1階でくつろいだ後は、2階を見てくださいとのことでしたので行ってみようと思いす。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

いまだとこんなに急な階段がある家は少ないでしょうし、2階が既に屋根裏となっています。ドキドキのアトラクションみたいな感じもしますね・・・

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

階段を登るとまず目の前に出てくるのはこの大きな甘草屋敷を支える大黒柱です。なかなか見ることができな

こういうのが本当の大黒柱というんですね黒いですね。w

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

昔お蚕を、飼って糸を紡いていたというお話を聞けたので、糸を織る機械なんでしょうか。かなり年季の入った感じです。

これは写真好きにとっては最高の被写体の嵐ですよ。

2階ではシャッター切りまくりで撮影をしています。外から入ってくる太陽の光がまたちょうどよい感じです。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

昔の人はこうやって手作業で糸を紡いでいたのかと思うとなかなか貴重なものを見させてもらっているなと考えさせらますね。そういえばこの機械をみるまで糸がどうやって作られたかなんて考えても見なかったんですよね。

何にも考えないで生活してるなってちょっとおもったりしますね 。

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

実際に使われていた貴重な古い道具やそろばんや、食器が手に取るような近さで撮影ができるのはカメラが好きな人からすると楽しいのではないでしょうか。

 

裏庭も広く紅葉が始まってきて一段と素敵

僕は18年間この地域に住んでいたのだけれど、甘草屋敷に裏庭があるを知らなかった。裏庭もありますよって言ってもらえなかったら今回もスルーをしていたかもしれないです。

表側の雰囲気とはまた違って緑が豊富でとても気持ちがいいです。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

藁葺きの小屋がしっかり残っているとほかの建物も以前は藁だったという事を感じさせてくれますね。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

ここの眺め好きだなぁ。井戸と甘草屋敷に程良い紅葉。山梨は東京よりは少し紅葉の時期は早そうですね。

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

縁側の写真をずっととっていたい衝動にかられながら・・・・(撮り続けていますw)

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

吹き出し画像

やっぱり縁側でゴロゴロしたい

 

古民家を使った子ども図書館があるのでお子さん連れでも飽きない。

裏庭にある古民家をまるっと使った子ども図書館があります。なんか古民家が図書館って贅沢ですね。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

 

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

トイレのノレンもなんかおしゃれですね。薄い色のお花はひまわりですかね。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)子ども図書館

中に入るとこんな感じで、すごいたくさんの絵本が並んでいます。新品の絵本というより寄贈とかで集まったという感じでしょうか。

東京の図書館よりたくさんあるんじゃないかなって思うくらいありますね。なんかすごい暖かい感じがする図書館ですよね。

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)子ども図書館

奥の部屋は入る事ができませんでしたが、小学生の書いた絵かな???が展示してあってなんかとてもほっこりします。

 

 

お土産屋さんで甘草のおちゃはいかがでしょう?

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)

 

 

 

甘草屋敷は 勝沼の葡萄刈り、ワインセラー巡りのついでにおすすめです。

ワイン試飲

山梨はぶどうとももの名産地、特に勝沼地域はぶどうの生産が盛んなので、ワイナリーがたくさんあります。新宿からワイナリー巡りのバスツアーが出ていたりと、都心からのアクセスがいいんです。甲州ワインというと聞いたことがある人もいるかも知れないですね。

ワイナリー巡りをして、飲んだくれて、古民家の撮影をするなんで最高ではないでしょうか。

甘草屋敷一つで山梨に旅行することはなかなか、難しいですが、いろいろなスポットが集まっている魅力的なところなんです。

 

まえにも地元を紹介する記事かいてましたね

よかったらそちらも見てください

関連記事

  自由が丘美容師のエクリュの雨宮です。お盆の時期なので皆さんも田舎に帰省しているのかなと思いますが。僕の田舎は山梨県甲州市(旧塩山市)という所です。 せっかく帰省するので、本気で甲州市をおすすめできる記事を書いていこ[…]

 

 

カメラブロガーの端くれとして、地元の魅力を発信する。

どうしても忘れられない「地域活性化ができたらねぇ」でという地元の人の言葉。カメラが趣味で、ご縁があって甘草屋敷を訪れて写真をたくさん撮らせてもらった。ただの一記事かもしれないですが、ブログは人の心を動かす力があるんだと、そう思っています。

どうにしかして少しでも多くの人に興味をもってもらえたり、今まで忘れていた地元の人にまで届いたらいいなぁと思います。

 

甲州市の旧高野家住宅 (甘草屋敷)
SNSで最新情報をチェックしよう!