超望遠レンズで満月を撮った|SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

超望遠レンズをもっているとどうしても満月の日は撮影をしたくなります。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMを先日購入したので満月を撮影してみました。

超望遠レンズで撮る満月はこんな感じ。

月を撮るのはそんなに難しくなく、ちょっと長めの望遠レンズを持っていれば撮る事が出来ます。換算で300mmくらいあればとりあえずは撮れると思います。

僕はSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMというレンズに富士フイルムのX-T20なので、APS-Cで換算600mmくらいの焦点距離は確保できています。

換算600mmのノートリミングでこんな感じ。

換算600mmで撮影してもこのくらいのサイズ感です。よくみる月の写真はもう少しダイナミックな写真が多いですね大体はがっつりトリミングをしています。

僕もがっつりトリミングをしたらいいサイズ感になりました。

あめ
月ってかっこいいですね・・・・
月は結構明るいのでRAW現像でがっつりコントラストを付けたりしていますが、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMはシグマレンズなのでキレキレに解像感があってとても月の撮影には向いていますね。ピントがガッチリあった写真のキレはすごいです。
現像はそれなりにいじってる。
APS-Cでもきっちりと解像していればかなり大胆なトリミングをしても大丈夫だという事がわかりますね。
細かいクレーターとかまではっきりと映っていますし円周部のクレーターで凸凹して地形の高低差が見える感じとかもたまらないですよね。月はロマンの塊ですよねほんと。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMには社外品の三脚座もあります

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMのデメリットとして三脚座が純正では用意されていないんです。ライトバズーカという名で軽さで売っているので用意が無いのかもしれないですが、月の撮影の時などは欲しくなります。

実はF-fotoさんから三脚座が発売していてそれを使用しています。やっぱりあると便利な三脚座ですね。また別でしっかりレビューします。参考までに

 

関連記事

[template id="2834"] 以前から超望遠レンズが欲しい欲しい言っていましたがやっと買うことができました。鳥さんを撮りたいなと思ったら焦点距離の確保がまず第一段階のスタートラインになるわけですがなかなかその確保が大変なわ[…]

 SIGMA100-400mm F5-6.3 DG OS HSM とX-T20

 

Amazonでお得にお買い物をする方法

楽天に比べてポイントが溜まりにくいAmazonですが、ちょっとでもお得に買い物をするならアマゾンギフト券のチャージがおすすめ!!

アマギフポイント比率表

アマゾンギフト券を活用してみる⇒

SNSで最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。