毎日持てるほど携帯性抜群のエコバック「Regile 」は男性におすすめ

どうもあめちゃんです。

レジ袋の有料化が2020年の7月から全国的にコンビニやスーパーや色々なところで本格的に開始されます。今後は一人一人がエコバックを持って生活をしていくことになっていくことになっていくのでしょうね。

僕も例に漏れずエコバックをを探していたのですが、なかなかこれだ!!というエコバックに出会うのって難しいんですよね。

やっとのことで見つけた、「Regile レジル」というエコバックが非常に携帯性が高くてお洒落なので紹介していこうと思います。

レジ袋モチーフのエコバック Regil(レジル)

Regile(レジル) は馴染みのあるコンビニの袋の形をモチーフにして、半透明の高い耐久性をもったコーデュラナイロンという素材で作られたエコバックになっています。

サイズは、S、M、Lとあって僕はMを使っています。カラーバリエーションも何種類かあります。(人気で品薄が続いているみたいです)

こんな感じで、毎日使用しています

僕の場合は、仕事前にお昼のご飯を買ったりとかすのでコンビニで使ってます。いれるものはお弁当と飲み物くらいなので大袈裟な大きい布製とかのエコバックだと荷物になってしまって嫌だったんですよね

ポケッタブルなので畳んでしまっておくことができるのが便利ですが、畳んでいるときの携帯性の良さが個人的には魅力的に感じています。

例えばこんな鞄ひとつでお出掛けしたい時にポケットにいれておく

僕の最軽量お出掛けスタイルになるんですけど、めちゃくちゃちいさいポーチひとつでいく場合。外でものを買った場合に袋がもらえないと困るんですよね。単純に。なので畳める収納性の高いエコバックは個人的には最強

これだけで価値が高いのです

畳むのは非常に簡単

エコバックに限らずなのですが、コンパクトなポケッタブル製品の場合に以外と盲点なのがしまいやすさです。小型化したがゆえにキツキツでしまいにくいとか本末転倒なのは結構おおいのですよね。レジルはそのてん非常に無理なく収納できるのではないかともいます。

広げると折り目がついてる
三つ折りをして
折り目の分折り曲げる

コーデュラナイロンで耐久性はバッチリ

ファッションが好きな人ならお馴染みかもしれませんが、レジルでは、コーデュラナイロンを使用しています。

コーデュラ®とは、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維で、インビスタ社の登録商標。 高機能の衣服、用具、ワークウェアに使われる「丈夫な素材」。現在ではさらに耐久性が必要とされる衣服や用具から日常着にいたるまで様々な製品に使用されている。

CORDURA 意味・用語解説 – ファッションプレス

という生地になるので、非常に薄手でも耐久性に優れているのです。実際にレジルはなかが見えるくらいの薄さですが、しっかりと重さにも耐えていますし生地が伸びたりもしていません。

撥水性もかなりのもの

さすがコーデュラナイロンですね。撥水性もかなりよいとおもいます。

濡れてしまっても、サッと切れるので、しまうのがちょっと…みたいにはなりにくいのもいいところです。

《気になる》しかし持ち手に縫い目があるのがやや心配

Amazonのレビュー等でもたまにで言われているのですが、持ち手の一番負荷がかかる部分に縫い目がきているのがきになります。糸が伸びて切れそうだなとなってしまうのですよ。

個人的には携帯性とお洒落さと、耐久性と、いい感じなのに、なぜそこに縫い目をもってきた?とちょっと残念なきもします。

対応策として、あて布をしたりして強度を補強したら解決するかなぁと…

縫ってでも使いたいなとはおもっています。

【まとめ】

Amazonとか楽天でエコバックを検索すると男性向けのいい感じのエコバックがなかなか見つからなったので苦労したのですがこのレジルを見つけれて結構満足をしています。

収納性が高くて、お洒落なエコバックをお探しの方にはおすすめです。

最新情報をチェックしよう!