HP作成依頼「原田智英 official HP」WEB公開報告

HP作成依頼「原田智英 official HP」WEB公開報告

自由が丘美容師の雨宮です。エクリュの僕のお客様というご縁でHP作成および写真撮影をやらせていただいたHPが公開になりましたので報告がてら記事と、制作についてと、

原田さんのHPの紹介もしていきます。

5月末くらいからHPを作りましょうと話をしながら、あーでもないこーでもないと色々試行錯誤を重ねながら7月末にやっと公開までたどり着きました。

 

自分のブログや、お店のHPを作ったりしていますが、他人のHPを作成するというのはとても勉強になるのだなとつくづく感じました。

 

今回の公開したHPtomohide harada officical

音楽家原田智英さんの公式HPになります。

 

 

 

スポンサーリンク

tomohide harada officialのテーマは「シンプル」

方向性を決めるのはまずしっかりと打ち合わせをして、ビジネスライクな方向性にするのか、洒落た感じの方向性にするのか、ここを確定していくことが大切。

原田さんは音楽家の公式HPなので洒落た感じで進めていくことに。

 

HPはシンプルになればなるほど文字間隔とか全体の余白とか画像とかのクオリティすべてが作用してきて、難しくなるなと・・・・

 

シンプルになればなるほど難しい

 

写真のクオリティはHPは絶対に下げ無い方が良い。

ブログの日記みたいな記事の一コマの写真なら画質や構図はスナップみたいな写真でもいいと思うのですが。やはりHPなどのオフィシャルなものは、写真のクオリティも信頼度につながると思います。

例えば

極端な話をすると今回のHPのTOPページの写真の画質が荒れていたり、生活感がある日常生活なかんじのスナップ写真だとなんとなく説得力がなくなるのはお分かりいただけるかと思います。

 

僕は、今回写真が趣味というのもあり、HP内の写真の撮影を全部やっていますが。HPを作成する時は、しっかり撮影できる人にお願いするか、お金がかかってもプロにお願いするのがいいと思います。

 

折角なので気合い入れて撮影したTOPページの写真

今回はTOPページの写真がかなり重要なポイントになるので、気合いを入れて撮影しました。

ここの写真の印象で、HPの印象がきまるというくらい重要・・・

路地裏にて

コントラバスを演奏

和楽器を演奏している

今回は僕がモノクロでノイジーな写真を提案し雰囲気を出せるようにしました。モノクロには普段は嫌われるノイズがとてもよく合うんですね。昔のフィルムで撮ったような写真が出来上がります。

 

モノクロ写真しか撮れないわけではないわけでわないですよ。wもちろんカラーも大丈夫ですw

 

少し前にこんな記事を書いています。↓

https://amemiya-hair.tokyo/2017/07/lumixgx8-artfilter

 

 

ぽつぽつでも色々な依頼が来ればいいなぁ・・・(基本なんでも相談に乗りたい派ですw)

お待ちしてます♪

気になったらお気軽にコメントいただけると嬉しいです♪

 

 

LINEで新着情報の配信やご予約が出来ます

CTA-IMAGE LINEにて「友だち追加」後、トーク画面にてメッセージをお送り頂くとこちらからご返信差し上げますので、お友達に連絡をするようにお気軽にお尋ねください。ご予約は24時間可能です。