cam-in のレリーズボタン9mmは質感も見た目も良し(真鍮色)

どうもあめちゃんです。

LeicaM10のレリーズボタンを先日なくしまして、新たに新調しましたよって話なんですけど買った1000円のレリーズボタンが質感・サイズともいい感じだったのでサイズ確認の参考画像という感じで。

広告

cam-in 凸型 薄型レリーズボタン9mm

Amazonでソフトレリーズボタンを検索すると色々でてきますが、cam-in(カム・イン)さんも比較的よくみるブランドです。

個人的なのですが、ソフトレリーズボタンはM型ライカの場合凸型を好んで使っています。一眼レフタイプの場合凹型がおおいかな?

で今回買ったのは1000円ほどだったcam-inさんの凸型 薄型レリーズボタン9mmの真鍮色です。

色がゴールドなんですけど、真鍮感ポイ傷っぽいマットな仕上がりになっていてギラギラせずいい感じ。ブラッククロームボディに似合いすぎ

広告

9mmのサイズ感がちょうど良い

レリーズボタン探すと結構10mmのレリーズボタンが多いんですけど、cam-in(カム・イン)さんのこのレリーズは、9mmなのがいいですよね。

1mmくらいの細かいこといってるんじゃいないよという感じですけど7mmのレリーズボタンを使っていた火とからすると10mmはでかい。9mmのサイズ感よしです。

M10でいうと中の銀のシャッターボタンは7mmのレリーズと同じサイズだったのでそれよりは少し大きい感じ。

全体像で見るとこんなサイズバランスです。もう一度いいますけどゴールド結構質感がよくて気に入ってます。

9mmのサイズ感の確認できたらいいなという記事なので特に深い意味はありませんが。参考になったら幸いです。

あと、cam-in(カム・イン)さんのこのレリーズはしっかりOリングのゴムが付属されていたのでわざわざかいたす必要はなかったです。

ここで表示されているのがマットブラックですがAmazonに飛ぶと結構色とサイズを選択できるのでみてみてください。

なおなくしたレリーズボタンは見つかりました

広告