コンパクトでコスパの良いデジタル露出計 KEKS EM-01

どうもあめちゃんです

フィルムカメラのLeicaM4というカメラを使っているのですが、露出計の入っていないカメラなので露出計が欲しくなり台湾のKEKSという会社の露出計を教えてもらい個人輸入で購入しました。(国内でも販売がはじまるようです)

デザインと使用感が非常に良く、使っていますので紹介をしていこうと思います。

デジタル露出計KEKS EM-01

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー

KEKS EM-01は非常にコンパクトなサイズを実現した台湾メーカーの露出計です。

素材はアルミでできているので質感はかなり良い感じでこのコンパクトなサイズ感なのでカメラの見ため的にそこまで違和感がないというか。(まぁ上に載ってるんで違和感はあるんですけど)

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー

個人的にはありよりのありなんですよ。色はシルバーとブラックの2種類です。僕はブラックにしました。(公式サイトで確認してみてください)

KEKS EM-01は一見するとフィルムカメラとは似合わなそうなのですがアンバランスさが個人的には非常にかっこいいと思っているのです。

僕はセコニックの単体露出計もつかっているのですが、ホットシューの上につけれる露出計というのは使用するのには効率がよく、忘れたりしにくいのがいいですよね。

値段の話をするとホットシューにつけて使うタイプの露出計だとVoigtlander VCメーターIIが定番なのですが、意外とお高いんですよね。

Voigtlander VCメーターよりももうちょと小型でお値段も$100なので比較的お手頃価格なのでそこもKEKS EM-01を僕が選んだポイントです(個人輸入だと送料とかでもうちょっとかかります)

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー

ちなみにブラックの個体につけるとこんな感じです。LeicaM10には必要ないんですけど、参考までに。

KEKS EM-01の外観とかスペック

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー

KEKS EM-01の外観とかスペックをみていきたいとおもます。公式サイトより、重要そうな部分をピックアップして紹介していきます。

測光 30º平均測光(反射光)
モード絞り優先またはシャッター優先
絞り範囲F / 1.0〜F / 64; 1/3ストップ増分
シャッタースピードの範囲 30秒から1/6400秒。1/3ストップ増分
ISO範囲 –50〜8000; 1/3ストップ増分

反射光式の測光の露出計になります、モードと書いてありますが、そういうモードがあるわけではなく、絞り優先やシャッター優先のような使い方が使いやすいですということですね。

視認性の高いOLEDディスプレイ

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー

ディスプレイの左側は絞りとシャッター速度と絞りが表示され右側には現在設定されている ISO 値、シーンの露出値(EV)、 ルクスの 読み取り値が表示されます。

液晶サイズは小さいですが視認性はよいと思います。晴天下でも見えにくいなぁと感じてはいないので良好です

バッテリーステータスインジケーターもあり、バッテリーが少なくなると点滅し、メーターが完全に充電されると点滅を停止します。

押しやすいトップボタン

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー

基本的操作は、この4つのボタンでシャッタスピードと、絞りをあわせる感じです。

バッテリー内蔵

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー
  • バッテリー –充電式220mAh
  • バッテリー寿命 –20時間の連続計測
  • 充電 –USB-C経由で5V / 450mA

裏面から充電ができるようになっています。電池は使わず、USB充電ができるのがいいところですね。今は常時モバイルバッテリーなどを持っている人も多いので急な時にも助かります。typeCを採用しているのも現代的ですね。

バッテリー寿命は、連続計測で20時間なのでそんな使い方はまずしないので頻繁に充電はしなくても大丈夫です。

ホットシューに取り付ける位置は変えることができるようになっています。僕はLeicaなので構造的に一番端になっていますが、一眼レフとかだと真ん中が一番バランスがよさそうです。

普段の使用感について

露出計の精度はよい

露出計なのであたりまえなのですが、KEKS EM-01を普段使用していて結構しっかりした精度で露出がとれているんじゃないかなと思います仕上がってあぁ露出全然だめちゃんというのは今のところないですね。

絞り、シャッター優先での使用はよいが

KEKS EM-01は先程も、シャッター優先か絞り優先が使いやすいという風にいいました。どっちかの値を固定してそれに合わせてほかを合わせるので使いやすいのですが、同EV値の他の絞りとシャッタースピードの組見合わせを知ることが難しいなと思いました。

僕はセコニックのツインメイトというのも使っています、これの場合は、同EV値で色々な組み合わせを一変にみれるので非常に便利なんですよね。

あぁもうちょっと絞ったときの組みあわせはないかなぁと思ったときは、こういう露出計にぶがありますね。

というふうにかんじますけど、普通に使ったら絞り優先かシャッタースピード優先で十分使いやすいので問題はないと思います。

非常に使いやすいです。

KEKS EM-01すごくいい露出計で、僕は非常に気に入って使っています。

ほんとおすすめですよKEKS EM-01

国内販売がはじまるようです。

僕が台湾から個人輸入で購入したのは2020年の7月くらいです。コロナの世界情勢とか在庫の状況もあるとは思いますが、僕は、購入から到着まで1ヶ月くらいかかりました。現在公式サイトでは(2ヶ月というアナウンスがでています)

現在は、Amazon、楽天とかではまだ取り扱いがなさそうですが、秋葉原のカメラやの2ndBASEさんの店頭で2020年の10月20日より販売を開始するようです(通販が開始されたらリンク記載追加します)

もし購入であれば今のところは、2ndBASEさんでの購入がよさそうですね。詳細は店舗にお問い合わせしていただければと思います。

台湾のデジタル露出計KEKS EM-01レビュー
最新情報をチェックしよう!