XF10-24mmF4 R OISをレビュー。広角初心者におすすめのレンズ【フジレンタル通信vol.4】

XF10-24mmF4 R OISをレビュー。広角初心者におすすめのレンズ【フジレンタル通信vol.4】

こんにちわ 髪を切って写真撮る人 あめちゃん@amedia_onlineです。

東京に住んでいますので、富士フイルムスクエアというサービスステーションが六本木にあります。そこではカメラのボディとかレンズを当日なら無料でレンタル出来る(例外もあり)というとっても良心的なサービスがあります。

なのでそのサービスを上手に利用して、比較やレビューをしていこうかと思います。実際のところ全部のレンズを買う事は現実的に難しいですし、全部のボディなんてなおさら無理です。

地方にお住まいの方で、レンズの実機をどうしても触ることができないとかそういうお話は良く聞きます。僕も実家に帰った時に電気屋さんに行った時は品揃えの悪さに愕然としました。なので都内に住んでいるメリットを生かして、実際に実機を触るのが難しい人のために気になっていたものをレビューをしてければいいなと思います。

今回は富士フイルムの超広角レンズ「XF10-24mmF4 R OIS」を1泊2日でレンタルして二日間渡り使用してきましたのでレビューをしていきます。

 

スポンサーリンク

XF10-24mmF4 R OISのスペック表から分かること。

型番 XF10-24mmF4 R OIS
レンズ構成 10群14枚
(非球面レンズ4枚、異常分散レンズ4枚)
焦点距離 f=10 – 24mm
(35mm判換算:15 – 36mm相当
画角 110° – 61.2°
最大口径比(開放絞り) F4
最小絞り F22
絞り形式
羽根枚数
7枚(円形絞り)
ステップ段差
1/3ステップ(全16段)
撮影距離範囲
標準
0.5m – ∞
マクロ
24cm – ∞
最大撮影倍率 0.16倍(テレ端)
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
ø78mm×87mm(ワイド端)/87mm(テレ端)
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
410g
フィルターサイズ ø72mm

フルサイズ換算15mm-36mmという焦点距離なので、超広角からやや広めの標準域にかかるくらいの焦点距離になっているため通常の撮影でも使いやす設計になっている。手ぶれ補正があるのも高ポイントですね。あとはインナーズームというのはすごくいいです。

重さに関しては410gと特別重いレンズではない気がします。23mmf2とか35mmf2とかそのあたりのシリーズが特別軽すぎるので、ズームレンズとては普通くらいだと思います。

広角レンズのためレンズのサイズ感からするとフィルター径は72mmと大きい気がしますがこの辺はしょうがないところかなとお思います。

XF10-24mmF4 R OISとXF16-55mmf2.8のサイズの比較

XF10-24mmF4 R OISサイズ比較
XF10-24mmF4 R OISとXF16-55mmf2.8で比較

この写真で見るとひとまわりというよりふたまわりくらい小さい気がするのでそんなに大きくないという印象。とは言っても普段使っているレンズがXF16-55mmf2.8の僕の言うサイズ感は信用できないという人もいるでしょう。(よく考えたら結構大きいレンズだった・・・w)

個人的なイメージだとレンズの根元の一段階太くなるまではXF18-55mmf2.8-4の太さのイメージでそこから広がっていく感じというとなんとなくわかってもらえるでしょうか。

XF10-24mmF4 R OIS比較
上からレンズ径を比較

たった5mmの差でこんなにもレンズの印象が変わるものかというくらいサイズが違いますね。たかが5mmされど5mmといったところでしょうか。

XF10-24mmF4とXF16-55mmf2.8をX-T2につけて比較をしてみました。サイズ感の違いの参考までに。

XF16-55mmにX-T2XF10-24mmF4にX-T2

 

超広角レンズ初心者がXF10-24mmF4 R OISに求めたい事。

僕は超広角レンズは初めてといっていいほどに初心者なのですが、僕がレンタルをする前に気になっていったのは、このレンズの焦点距離で換算で16mm~36mmという焦点距離を使えるという事です。超広角レンズでありながら広めの標準域に軽く入っているので、なんなら35mmという気持ちでスナップ要員という感じで使用できないかという考えを僕は持っています。

初心者の人の場合、完全に超広角域だけの仕様の場合にもし持て余して使いこなせなかったらどうしようとなってしまうので、このレンズのメリットとして換算36mmまであるというのを挙げる人も多いのです。

 

超広角ズームとしての性能とレテ端24mm(換算36mm)のスナップ要員としての性能

僕がXF10-24mmF4 R OISを購入する前にしりたい項目がここです。超広角として10mm(換算15mm)の性能と、スナップ要員として24mm(換算36mm)でf値の最少が4であるという事でどれだけ満足したスナップが撮れるのかという事がとても気になっていました。

焦点距離的にはかなりおいしい焦点距離をしていますが、f4始まりがどこまで満足がいくのか・・・ 作例を使ってみていきたいと思います。

 

10mmと24mmはどれだけ違うのかまずは画角の比較

XF10-24mmF4ワイドXF10-24mmF4テレ端

 

 

10mm(換算15mm)での作例

XF10-24mmF4 R OIS作例
10mm(15mm)付近の作例

小屋を一枚。超広角じゃなきゃ得られない、開放感といいますか広さを感じます。かなり近づいて撮影したのですが、すごい寄った感はないですね。

他の焦点距離ではできない表現は10mm(換算15mm)の魅力ですね。

XF10-24mmF4ワイド作例
さきほどの小屋の中

室内というほどの場所ではありませんが屋外よりもさらに空間が広く表現できています。

XF10-24mmF4
ミッドタウンの地下にて

さすが超広角といった感じでしょうか。こんなにワイドに撮れるのは普通に撮影をしても特別な作品のような感じになりますね。

結構ぬけのよい写りをするなという印象です。超広角域に関しては僕は満足です。

24mm(換算36mm)での作例

個人的にはこちらの作例がどこまで自分の使いたい許容範囲に収まるかというのが、このレンズの課題という所があります。暗めのf値のf4を最大限に生かしたいので開放で撮影していきました。

XF10-24mmF4テレ端作例
24mm(換算36mm)開放f4

まずはよくありそうな、構図でその辺の植物をスナップしました。f4で被写界深度は深めかと思いきや、葉っぱの下の方はボケかかっているのかただ単に僕の撮影のピントが悪いのか。一番ボケを作りやすい構図ですのでボケ量はこの感じだとまずまずという感じでしょうか。

 

XF10-24mmF4テレ端作例
24mm(換算36mm)開放

僕の場合スナップの被写体として多くなるであろう子供の写真です。24mm(換算36mm)という事とf4という事を考えるとあまり離れた感じでは撮影はしないかもしれません。こんな距離感で撮影する場合にはまずまずでしょうか。もう少しだけ解像感があってもいいかな?と思うのは僕だけでしょうか。

 

XF10-24mmF4作例テレ端
24mm(換算36mm)開放

前ボケも入れつつ、猫を撮影。この写真に関しては結構いい感じに撮影できたと思います。猫の毛並みの質感も表現できているという風に感じます。構図や被写体などの条件をうまく使うと24mm(換算36mm)でもこんな風に撮影が出来ます。

焦点距離のXF23mmf2の代わりになるかと言われるとならないと思います。そこはなかなか、難しいところですね。

最高にキレがいいかといわれるとそうでもない。というのが感想ではあるものの汎用性を含めたら十分納得の画質な気もする。

 

撮影をしながら、若干解像感に不安を覚えながら撮影をしていましたが、記事を書きながら改めて思ったのが、まずこの超広角ズームレンズは二つの焦点距離の全く違った絵を一つのレンズでいけるのはすごいという事でした。

ズームレンズなんだもんな・・・

 

スポンサーリンク

よく言われる周辺画像が甘いという事の納得の事例

XF10-24mmf4周辺画像が流れる
体後ろの部分がかなり流れている。

超広角レンズでこの構図にするのが間違っていると思うのですが。広角で寄って背景を広く見せたい時にすることがあるかもしれない構図ですよね。

建物などを撮影している時には気がつかなったのですが寄りすぎて撮影をすると、JPEGで補正が入っていてもこのくらいながれてしまいます。

どんな超広角レンズでも構造上湾曲収差や周辺画質は甘くなったりするようですが、お値段によっては光学的によく押さえ込んでいるレンズもお値段相応であるようです。尚更XF8-16mmF2.8 R LM WRへの期待値が高まる事にもなっています。

撮影の仕方さえ気をつければ大丈夫なので。使い方との兼ね合いで相談したいところですね。

 

超広角ズームレンズの使いどころの難しさ。

焦点距離的に超広角ズームレンズがめちゃくちゃ使いやすいわけはないのですが、10mm(換算15mm)で撮る事の難しさというのを実感しました。

【例えばこの写真】

XF10-24mmF4
船に乗りながら海を撮影

広い景色こそ超広角という風に僕もずっと思っていたのですが、実際に撮影をしてみると、確かにかなり広い視野で撮影は出来ているものの特別に何か凄いという感情は湧いてきませんでした。

実際には換算24mmでの撮影でもそこまで違わないかなとも思っていしまいました。(XF16-55mmf2.8のワイドなどの換算24mmでも十分だなと・・・)

本来は違うのですが、なにかググッとくるものがないんですよね。

 

XF10-24mmF4
思ったよりも入りすぎてしまう。

これは常に付きまとう事になるのでしょうが、広角過ぎてなんでも入ってしまうという感じはあります。これこそ慣れでしかないとおもうのですが、構図を作るセンスが問われるという感じでしょうか。

 

室内の撮影でXF10-24mmF4 R OISの魅力が倍増するという話は本当だった。

色々なレビューを拝見してると室内出の撮影は超広角は向いているという事をよく聞きます。検証するべく。新国立美術館に撮影をしにいってきたのでそちらの作例もアップしていきます。

新国立美術館を超広角レンズXF10-24mmF4 R OISで撮影の記事はこちらから⇒

 

新国立美術館
これを撮りに来たといってもいいくらい。

外の広い景色を撮るのとはうってかわって屋内でわかなり広く写すことができます。新国立美術館は特に建築物としてかっこいいので、素敵に写ります。

広い景色を撮っている時とは違い、撮影中もかなり満足感がある感じで撮影ができると思います。

 

XF10-24mmF4
エスカレーターも迫力が出てきて格好良くなる。

撮影をしていて明確に超広角感感じられる写真が撮れます。ここははやりXF10-24mmF4 R OISは純正富士フイルムレンズの中では唯一無二の存在になっています。(2018年に大三元広角ズーム発売予定なのでそれまでは唯一無二w)

 

XF10-24mmf4
超広角だと床の奥行き感がかなり出ている。

壁に向かって撮影をするというのもまた面白い表現でした。ただワイドに撮影するだけでなく。床がグッと奥行きがあるように見えます。

スポンサーリンク

 

新国立美術館を超広角レンズXF10-24mmF4 R OISで撮影。超広角との相性は最高だった。【東京撮影スポット】

 

XF10-24mmf4とXF8-16mmf2.8はどっちを選べばいいの?

換算12mm-24mmという焦点域で赤バッチの通しズームですので、描写性能はかなりいいものが登場することはまちがいないでしょうが、金銭面的な問題でかなり高額な気がします。

それにくらべ今現在XF10-24mmf4はわりとお手軽な値段で購入出来る感じになってきています。もし超広角で星を撮りたいとかでない限りはXF10-24mmf4の需要もあると思うので発売してから余りに解像感が違う場合は考えるかもしれませんね。

かなり悩ましい問題ですね。僕も現時点では答えが出ません。。

 

汎用性がとても高く広角初心者におすすめなレンズ

やはり10-24mmという焦点距離ゆえにテレ端換算36mmで撮影できるのこのレンズの特徴であり最大のメリットかなと思います。汎用性はとてもたかいのですが、その一方で、テレ端で画質がもう一歩解像していれば文句はないのですが。それを差し引いても10mm(換算15mm)の広角具合はほかに代え難いので僕はこのレンズでも満足かなと思います。

最終結果は・・・

僕も広角初心者なので広角を使いこなせるかという不安要素を汎用性でぬぐい去ってくれるレンズ

という感じでしょうか。おすすめです♪

最後までお読みいただきありがとうございました

xf16-55mmf2.8 とxf18-55mmf2.8-4を比較レビューしてみた。【フジレンタル通信vol.1】

XF60mmF2.4とXF80mmF2.8のマクロレンズを比較レビューしてみる。【フジレンタル通信vol.2】

悩む人も多い富士フイルムの望遠レンズXF55-200mmF3.5-4.8とXF50-140mmF2.8を比較レビューしてみた。【フジレンタル通信vol.3】

 

 

 

富士フイルム関連記事

記事数が増えてきたので整理しました。関連記事はこちらから見ることができます。

 

 

 

 

LINEで新着情報の配信やご予約が出来ます

CTA-IMAGE LINEにて「友だち追加」後、トーク画面にてメッセージをお送り頂くとこちらからご返信差し上げますので、お友達に連絡をするようにお気軽にお尋ねください。ご予約は24時間可能です。