【作例】NIKONのAi Micro-NIKKOR55mmF3.5 を買いました|マクロの安定した描写性能が高コスパレンズ

  • 2020年5月12日
  • 2020年5月19日
  • Nikon

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

最近フィルムカメラのFM2用にマクロレンズが欲しいなと思い。オールドニッコールのAi Micro-NIKKOR55mmF3.5というレンズを、ヤフオクで格安でゲットしました。お値段なんと、4200円・・・やったね・・状態もまずまずの個体をゲットできました。

あめ
安いけど写りがめちゃくちゃいいので最高です

Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5は現行で売っているAI Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sの廉価版

ニコンは現在でもMFレンズが売っていて、AiMicro-Nikkor 55mm f/2.8Sという超人気のmicroレンズがあります。Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5はその廉価版的なレンズになるわけですが、調べてみるとF3.5は暗いものの描写性能の評判はいいようです。個人的には、マクロ撮影は開放よりは絞って使うので、このF値の差はあまり気にならないからまぁいいいかなという感じでかってみたのです。実際に結構安いですし。

ちょっと公式のスペックが見当たらないのですが、Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5は最大撮影倍率は0.5倍となっているのでいわゆるハーフマクロと言われるレンズになっています。

NIKONのAi Micro-NIKKOR55mmF3.5

レンズはこんな感じです。オールドニッコールは被写界深度が色分けされていて非常に見やすいです。

マクロレンズらしくレンズは非常に奥のほうに入っいて、指が写真くらい奥に入ります。こんなけ奥に入っていたら、フードとかはあまりいらなそうな気もしますね。

と思ったら、New Micro Nikkor 55mm F3.5の純正Ai改造レンズだったみたいです(フォロワーさんが教えてくれた)

という風に書いていたのですが、フォロワーさんがシリアルからレンズの世代を判定してもらい、それより前のNew Micro Nikkor 55mm F3.5というレンズの公式でAi改造をしたやつというのがわかりました。僕も詳しくないので教えていただいた参考サイトを貼っておきます。

あめ
すみませんでした、こういう歴史も面白そうなので勉強してきたいですね

教えていただいた、PHOTO LENS (@photo_lens_com)さんのサイトで、シリアル検索ができるようなのでもしこういう機会があったら活用してみてください

現在は、FM2とX-H1にマウントアダプターを付けて運用中

NIKONのAi Micro-NIKKOR55mmF3.5

僕は、現在は、Nikonのフルサイズ機をもっていないので、デジタルでNIKKORレンズを楽しむ場合は、APS-C の富士フイルムで使用しています。(Nikonのフルサイズ機欲しい)

マウントアダプターを挟んで使うわけですが、僕の場合「フォーカルレデューサーマウントアダプター」という縮小工学系のマウントアダプターを使用しています。マウントアダプターにレンズが入っているので

  • レンズ焦点距離の1.1倍の焦点距離になる
  • レンズのF値が少し明るくなる

という作用があるものを使っています。

なので、完全にNikonのフルサイズ機で撮ったレンズ本来の作例にはならないのですが、近いような感じで使うことはできています。

 

関連記事

[template id="2834"] 僕は現在富士フイルムを使用しています。オールドレンズを使うのにあたって悩むのが、 広角単焦点は数が少なく、タマ数が豊富なのは50mm付近の単焦点がとっても多く手に入ります。そうするとイメ[…]

 

【作例】NIKONのAi Micro-NIKKOR55mmF3.5でマクロ写真を撮影してみました

そんなこんなで色々マクロ撮影をしてみました。

作例】Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5

アジサイを撮ってみました。非常に細かいタイプのアジサイですが、このくらいまではよれますね。

前ボケ、後ボケもざわざわせずに非常になめらかな気がします。真ん中右にピントは合わせていますが、びしっと解像していて気持ちいです。お花だと、乾いている質感とかまで表現できているのではないでしょうか。

 

作例】Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5

 

作例】Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5

葉っぱもいい感じ。

作例】Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5

ベランダでやっている家庭菜園の写真ばかりで申し訳ないんですけど、マクロ撮影の被写体にはもってこいなので作例にたくさん使わせてもらいました。本当は、もう少しスナップ的ない使い方の作例も上げたいところなんですけど当分のメインの使用方法は、マクロ撮影になるのでこんな感じで。

Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5 Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5

これは、大きくトリミングをしていますが解像感がかなりありますね。Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5は本当に優秀なレンズだなと感心してしまいます。F3.5 ですが最短撮影距離では、このくらい被写界深度が薄くなってしまうので、やはりF3.5の廉価版でも十分なのではないかなと思います。まぁ絞って撮影をしましょう・・・

 

【まとめ】マクロ(micro)レンズこの子でいいんじゃないかな?

4000円くらいで手に入れたレンズなのですが(相場も1万円いかくらい6000円とかあたりかな?)、想像をはるかに超える安定した性能を持ったレンズだなぁという感想です。もしきになるのであれば、ヤフオクとか中古カメラ屋さんにはあるのではないでしょうか。

オールドレンズだから解像感が緩いとかそういうのもなく、きっちりした高い性能を持っているレンズだと思うので、十分にマクロ担当を任していけそうですよね。

リンクは現行新品で出ているAiMicro-Nikkor 55mm f/2.8Sになっています。

 

関連記事

[template id="2834"] 最近は、フィルムカメラはNikonのnewFM2を使っていてい不変のFマウントを絶賛楽しんでいるところです。それでですよFマウントのレンズ資産を活かしたいなぁなんて思っているわけで、ぼーっと調[…]

あめ
ニコンのフルサイズも欲しくなるよね・・・・
最新情報をチェックしよう!