【レビュー】Nikon F801sは激安なのに性能がいいのでおすすめしたい。

こんにちはあめちゃんです。

少し前に買ったNikonのフィルムカメラを紹介していこうかと思います。

NikonのF801sという機種であまり聞きなれない機種でしらなかったのですが、ケイタケウチさんの記事でしり、あまりに気になってそく買ってしまいました

note(ノート)

こんにちは、@ケイタケです。 今回は私のおすすめフィルムカメラ 「Nikon ニコン F801s」を紹介します…

F801s の特徴

F801sは1991年3月に発売された樹脂製外装のAF機で、前進の801は1988年に発売され後継機種になっているので、比較的新しいきもしますが約30年くらいたっています。

正面

現在フィルムカメラで人気の機械式ではなく、現代的なデジタルカメラとほぼ似たような機能をもったフィルムカメラです。このあたりのフィルムカメラは機械式と違い壊れたら修理しにくいこともあり、非常に安く売られている事がおおく簡単に手には入ります。(僕は1500円くらいでした)

後ろ、AE-Lボタンが使いやすい位置にある

ニコンのF801sは安いのですが、写真を撮ることにかんしては非常にコスパがいいカメラになっています。

左肩には、各種設定

特徴をあげるとこんな感じ

  • シャッタースピード1/8000が使える
  • 単3電池でうごく
  • AFが使える
  • フィルム自動巻き取り
  • 絞り優先、シャッタースピード優先両方OK
  • 価格が安い
  • シャッターがモーター音(うぃぃぃーん)もはいる
  • プラ外装なのに重い

という感じで特徴をあげてみました。

シャッタースピード1/8000切れるのは強い

個人的にF801に一番の魅力を感じるのはシャッタースピードが1/8000を切れることではないでしょうか。newFM2でも1/4000ですし(これでも相当速い)、ライカとか1/000ですからね。

明るい単焦点レンズを開放で使えるようになるので、ボケ量の大きい写真が撮れたりと表現の幅が広がるのが嬉しい。自由度はかなり上がる。

単3電池は最高

フィルムカメラって、よくわからないサイズの特殊な電池を使用する事が多いんですけど。単3電池なら格安で手に入るのがかなりメリット高いですよね。単3電池が生産終了になるなんて事はそうそうないでしょうしね。(その前にフィルムが)

ただし単3電池×4なのでやや重くなるというのはあると思いますが単3電池の安心感たるや

絞り優先、シャッタースピード優先が使えて自動AE

僕がNew FM2のフルマニュアル機を使っているのもあって、絞り優先とか、シャッタースピード優先で使えるのは撮っていてありがたいです撮っている感覚はもうデジタルとあまりかわらない感じで使えます

機能が充実しているのに価格が安い

冒頭でもはなしましたが、価格が安いも嬉しいところです。僕も1500円くらいで手に入れました。店頭のお店でも2000円~5000円くらいででているのをみかけたりしています。

このくらいの値段なら、まぁ壊れても買い直せるかなという感じで気軽に導入できるのではないかなと思います。



デメリットもあるよ

F801sめっちゃいいよなんていいながらも、デメリットももちろんあります。

シャッター音にモーター音が入る

いうてしまえば、シャッター音に関しては全然気持ちよくはありません。(慣れればきにならいんですけど)フィルムを巻き上げるモーターのおとが かなり聞こえます。「うぃぃぃぃいぃいぃーーーーん」って感じのおとが混ざるので気にならない人ならいいと思います。

これが気持ちが悪い人もおおいかもしれませんね。

思ったよりも重い

プラボディなら軽くていいよねと思ったのですが、実際に触ってみたら結構ずっしりおもくてびっくりしました。キヤノンのkissとかはめちゃくちゃ軽いのでその感覚でプラボディを想像すると結構「???」となります。

体感でいうと、NewFM2より重いんじゃないかな?(単三4本入った状態で)

という感じ。




F801sの作例

関連記事

こんにちはあめちゃんです。緊急事態宣言もあけて、少しずつ街が動き出しているのですが、やっと少し写真を撮れそうな雰囲気になってきた気がします。 今回は、フィルムを1本撮るのにテーマを決めて撮ってみたのですが、非常に楽しくもあり苦しくも[…]

ちょっと前に紫陽花の写真を撮ったのですが、この時の記事ではF801sを使っています。こないだは36枚を紫陽花が入っている風景というテーマで撮るというのをやって、構図とか色とかをできる限りかぶらないようにという風に意識して撮ったわけですが、レンズの焦点距離をかえてみたり、場所をかえてみたりと考えることがおおくて大変です。

そんななかで、極力自動でまかせれるというのはかなりありがたかったのです。

たとえば、50mmF1.4の開放で撮れると立体感のある描写をだしやすいなとか。

開放で撮れればボケ量の多い写真をとることもできますね。シャッタースピードが1/8000の恩恵は結構大きいです

いまだ!!と思ったときにすぐにシャッターを切れる(露出気にしなくていいのは便利ですね)
写り自体は、レンズとフィルムが占めているので作例は多くは貼りませんがこんな感じです

ボタン配置も非常に分かりやすくて使いやすいのです。まぁまとめると、非常に使いやすいという事です。



フィルムでの表現を邪魔しないで撮ることに集中できるカメラだなと思う。

F801に限らずなんですけど、このくらいの世代の現代的なフィルムカメラは非常に性能がよくてほぼ自動化されていて撮りやすいですのではないかなと思います。

フルマニュアル機みたいに撮る楽しみというのはあまりないかもしれませんがこういうカメラも選択肢の一つとしてあってもいいのかなと思います。

シャッタースピードも1/8000 が切れたりとか、AFが使えたり、絞り優先、シャッタースピード優先がフィルムカメラの装填も巻き取りも自動です。こう撮りたいなぁと思ったときに非常に表現がしやすかったので、おすすめですよ。安いんで。笑

最新情報をチェックしよう!