【作例まとめ】PENTAX645のテレコン(×1.4 ×2)のすすめ |

どうもPENTAX645大好きなあめみやです

PENTAX645のテレコンをかなり愛用しているんですけどねSNSでもまぁ使っている人は全然みないですよね・・・・(マニアック)

この記事では、誰も使ってない??ニッチなPENTAX645のテレコンを紹介しておきたいなって思っています。ほら一応ブログを書いているものとして世の中にあまりない情報はログとして残しておこうかなっていう・・・

広告

PENTAX645のテレコンについて

まず大前提として、テレコンはマスターレンズの焦点距離を伸ばすことが出来るアイテムになっています(各社呼び方はあれど)

がしかし・・・・中判フィルムは135(フルサイズ)よりフォーマットサイズが大きいので35㎜換算でいくと換算の焦点距離は短くなるので中判フィルムで望遠を使うのはそもそも論でとても向いてないんですよね

645は中判のフォーマットの中では一番小さく焦点距離にかけるクロップ係数も小さくて済みますので中判の中では一番望遠に向いているフォーマットだと僕は思っています

でも僕は普段野鳥撮影をやるので超望遠レンズをつかっているのもあって、中判でも望遠域が撮りたいんです。なんなら中判フィルムで野鳥撮影とかしてみたい(なかなか無理がありますができないことはない)

PENTAX645は望遠レンズが比較的揃っているマウントですし、更にはテレコンも用意されています(他社も出しているとは思いますが)

広告

PENTAX645純正 テレコン仕様

PENTAX645マウントの純正テレコンバーターは1.4倍と、2倍が出ています。絞りは連動しますがAF対応はしていないのでマニュアルフォーカスになります

PENTAX645マウントはAFレンズも出ていますがテレコンに関しては後継のAF対応はなくこの2つです。

テレコンの価格帯ですが、正確な事は言えませんが僕の観測する範囲では中古で2000〜5000円の間くらいで安売りされていると思います(フィルム時代のテレコンを多用するようなもの好きはそうそういないので結構安い)

A645 1.4×

645レンズとボディの間に装着すると、焦点距離が1.4倍になります。レンズのフォーカシングはマニュアルになり、開放F値は一段暗くなります。

倍率1.4×
レンズ構成4群5枚
絞り方式自動
測光方式開放
最大径×長さ[mm]77×31
質量 (重さ)[g]265

A645 2×

645レンズとボディの間に装着すると、焦点距離が2倍になります。
レンズのフォーカシングはマニュアルになり、開放F値は2段暗くなります。

倍率
レンズ構成4群6枚
絞り方式自動
測光方式開放
最大径×長さ[mm]77×60
質量 (重さ)[g]350

PENTAX645のテレコンの作例

テレコンは画質落ちるよね?っていう風に思って買わなくていっかって思っていた人も多いと思うんです。フィルム時代のレンズとはいえ超望遠レンズは高いですし、かなり重量級です

テレコンを持っていくだけなら荷物はかなりコンパクトなので有用性はめちゃくちゃあるのです。

でも実際に常用で使えるか使えないかというのは作例を見て判断してほしいと思います

A-645 200mmF4 PROVIA100F  A645 1.4×

上の写真でもありますが、僕の愛用レンズはA645 200mmF4(換算135mmくらい)という数千円で転がっているレンズですこのレンズは値段は安いもののめちゃくちゃよく写るのでこのコにテレコンをつけることがほとんどです。(記事を書いている途中でA-645☆ 300mmF4を買いましたけど)

A-645 200mmF4 A645  1.4×

テレコンは×1.4で1段暗くなり、×2で2段露出が暗くなるので使い分けが必要です。

A-645 200mmF4 A645 1.4×

A-645 200mmF4 A645 1.4×

Lomochrome color’92 120フィルム作例
A-645 200mmF4  A645 2× 

浅草では圧縮効果を利用してぐっと浅草寺の奥を引き寄せたかったので2倍テレコンを使っています。200mm×2(テレコン)×0.62倍(645のクロップ係数)なので換算248mmあたりくらいの焦点距離になっています。 135フォーマットではいくらでもレンズはありそうですが中判だと伸ばしては短くなってとなかなか大変なんです

Lomochrome color’92 120フィルム作例
A-645 200mmF4 A645 2×

PENTAX645 PENTAX-A 645 200mmF4 河津桜
A-645 200mmF4 A645 2×

野鳥撮影にも中判フィルムで挑んでみたいですよね。換算248mmだと全然足りませんが近くまで来た鳥ならいけました

PENTAX645 200mmF4 テレコン使用作例
A-645 200mmF4 A645 2×

新宿御苑にて、中野サンプラザを切り取ることもできましたね

A-645 200mmF4 A645 2×

A-645 200mmF4 A645 2×

A-645 200mmF4 A645 2×

PENTAX645 200mmF4 テレコン使用作例
A-645 200mmF4 A645 2×

FA-645 100-300mmF5.6  A645 1.4×

川幅の広い多摩川の対岸でサッカーをしている所をとってみます。×1.4 テレコンは画質の劣化はあまり感じていないのでシャッタースピードが許すのであれば常用する感じでもいけるかと

FA-645 100-300mmF5.6  A645 1.4×

このレンズはNikonZのレンズの資金源になってもうないのですがいいレンズ

A-645 200mmF4 A645 2×

展望台からの都市景観を撮るのに大活躍しています

使っている感想としては、×1,4は画質の劣化はかなり少なめ、×2は多少解像感おちて滲む感じもあるのですがそれでも焦点距離がどうしてもほしければじゃんじゃん僕は使っています(現に2倍の使用率はすごく高い)

結構両方性能いいと思うんですよ

PENTAX645のテレコンは是非買ってみてほしい

作例をみてみてどうでしょうか?PENTAX645マウントのテレコンなかなか使えそうではないでしょうか?

いやぁ2023年にこんな記事を書いてどうするんだって話なんですけど、作例も出てこないですし。記録としてのこしておきたかったのです

PENTAX645ユーザーさんは是非におすすめですよ

【Amazonプライム会員限定】Kindle Unlimited 3か月無料体験キャンペーン (7/12 水まで)

クリックして2,940円⇒0円の表記がでたら対象ですおめでとうございます(‘ω’)

Kindle Unlimitedが3ヶ月無料キャンペーンページへ⇒

 

 

 

 

広告
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。