【作例】コニカC35(フラッシュマッチ)はコンパクトでよく写る小型レンジファインダー機でおすすめ。

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

コンパクトなフィルムカメラを探してて色々調べていたらコニカのC35というコンパクトなフィルムカメラに興味が出てきまして。

僕がブログを書いているというのもあるからなのですが、僕も全く知らないカメラの事を調べるときは、カメラブログをみるんですけど。フィルムカメラが好きなブロガーさんで、ひげこい(@45house_hige)さんと記憶カメラ(@KiokuCamera
)さんの記事を参考にした。

 

吹き出し画像 アイコン
あめ

いい感じそうだったので、完動品でお安く出ていたので、試しに買ってみました(5000円くらい)

 

 

コニカC35 (フラッシュマッチ)

konica C35 フラッシュマッチ
手に持ってもこのサイズ

コニカC35のCはコンパクトのCで小型なレンジファインダー式のフィルムカメラになっています。

コニカC35は難しい操作が一切なく、絞り値とシャッタースピードを自動で決めてくれて、ピントを合わせてシャッターを切るだけで撮ることができるんです。

コニカC35は長く販売されていたため、多くの機種改良版の機種がでているのですが、僕の機種はその中でもフラッシュマッチという名前の付く機種になっています。

 

konica C35 フラッシュマッチ
フィルムとのサイズ感はこんな感じ

僕は普段デジタルカメラをメインで使っているので、露出計もないフルマニュアルだとちょっと自信がないのでこのくらい自動でやってもらえるととても助かります。(徐々にできるようにしていかないと・・・・)

レンズはというと、ヘキサノンというところ(ぼくは全然しらない)で焦点距離は38㎜F2.8という焦点距離。35mmほど広くはなく、50㎜程ひろくはない。気軽にスナップするにはとても使いやすい焦点距離だと思う。

デジタルでいうと40㎜F2.8なんていうパンケーキレンズが各会社で存在するのですが、こういうコンパクトフィルムカメラが38㎜F2.8 くらいのスペックを採用しているのの名残なんでしょうかね。(知らないけど・w)

 

シャッター レンズシャッター
B、1/30秒〜1/650秒
レンズ Hexanon 38mm F2.8
露出計 外部測光
AE プログラムAE
(バルブ撮影のみマニュアル可)
ファインダー 採光式ブライトフレーム
フォーカス レンジファインダー
電池 MR44水銀電池x1 (LR44、SR44使用時は露出補正が必要)
発売年 1968年

 

konica C35 フラッシュマッチ
裏側もスッキリでしていてかっこいい
konica C35 フラッシュマッチ
したはこんな感じ
吹き出し画像 アイコン
あめ
よけいなものが付いてなくてシンプルでいいですね♪

こんなに小さいボディでもコニカC35(フラッシュマッチ)はレンジファインダー機

konica C35 フラッシュマッチ ファインダー

 

コニカC35(フラッシュマッチ)は小型ですがレンジファインダー機です。ファインダーの中はこんな感じ。右に絞り値とシャッタースピードが書いてあります。明るさによって、メーターが動きます。(わかりずらいけど写真は4の所に黒い横棒がきています)

そして枠の内側がだいたいこのあたりが写りますよというフレームになっているという感じです。僕もしっかりせ爪出来るほど詳しくないので、ふんわり説明ですみませんw

 

吹き出し画像 アイコン
あめ
個人的にはレンジファインダーがめっちゃ合わせやすいです

レンズシャッター方式

konica C35 フラッシュマッチ
シャッターはレンズ側にある方式

コニカC35(フラッシュマッチ)はレンズシャッター方式でレンズの所にシャッターがある。なのでフォーカルプレーンシャッターみたいに遮光幕が手前にはなくて空洞になっている

シャッタースピードは B(バルブ撮影)、1/30秒〜1/650秒

 

コニカC35(フラッシュマッチ)はレンズの所でISO感度の設定をする()

konica C35 フラッシュマッチ

レンズの下側の DIN●ASAという部分でASA(今でいう所のISO)を設定する事が出来る。レンズ周りのギザギザをまわすとかわるんですね。省スペースの効率化というかんじがとてもすごいなと。

※ISO感度の設定は現在使えるLR44を使用できるが、電圧が違うため感度補正が必要らしい。

ISO100の場合ISO80にするとちょうど良いそうです。

 

 

コニカC35(フラッシュマッチ)の作例 業務用ISO100 36枚撮り

さて業務用ISO100 のフィルムで一本撮り終わって現像してきたので作例として貼っていこうと思います。基本的にはピントを合わせてシャッターを押すだけなので気軽にスナップできるという感じ。

 

konica C35 作例 業務用ISO100
渋谷
konica C35 作例 業務用ISO100
渋谷 このコードは危ないw

konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100

konica C35 作例 業務用ISO100
109のロゴ変わりましたねぇ・・・
konica C35 作例 業務用ISO100
向う側のガラスにピント合わせてみたり
konica C35 作例 業務用ISO100
業務用100の空の色結構好き
konica C35 作例 業務用ISO100
明るい室内は全然余裕
konica C35 作例 業務用ISO100
近所に金魚が売ってまして。
konica C35 作例 業務用ISO100
カフェのテラス
konica C35 作例 業務用ISO100
よくみる美容室。
konica C35 作例 業務用ISO100
黒猫さんがいたりとか
最近カブトムシ買いはじめまして。
朝ごはん食べたり。
konica C35 作例 業務用ISO100
夏の終わりのひまわり
konica C35 作例 業務用ISO100
おまつり前
konica C35 作例 業務用ISO100
おみこし
konica C35 作例 業務用ISO100
こちらは鷹の目

konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100  konica C35 作例 業務用ISO100

ざざざ~と作例を並べてみた。個人的にはフィルム写真はもっと、ゆるっとした感じでそれもいいでしょうというイメージだったんですけど。普通によくうつるカメラで、なかなかキレがある。

これは予想外。デジタルの現代のレンズくらい写りいい気がする。そこにフィルム感が乗った感じか?

とっても描写的に個人的には見やすくて好き。

こんな感じをサクッととれちゃうのは結構常用しやすカメラだなと感じます。

 

 

室内とか露出不足の場合の出かた

 

konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100

konica C35 作例 業務用ISO100 konica C35 作例 業務用ISO100

 

 

コニカC35はコンパクトなボディでフィルムカメラを楽しめるのでカバンに放り込んでおける。

コニカC35はコンパクトで、ピントを合わせるだけでお手軽に撮影できちゃうのがとってもよかったです。しかも写りがめちゃいいんですね。ピント面は結構キレのある描写をするのがはより撮影が捗ります。

デジタルをメインでやっている人なので、メインにデジタル機を持ってもう一台フィルムカメラを持ったりしたい時。やはりコンパクトなフィルムカメラというのがおさまりがとてもいいのですね。(一眼フィルムを持ち出したい時もあるけど)

大事なことだからもう一度いいますね!!!

コニカC35は難しい操作が一切なく、絞り値とシャッタースピードを自動で決めてくれて、ピントを合わせてシャッターを切るだけで撮ることができるんです。

 

吹き出し画像 アイコン
あめ
僕みたいな初心者でも簡単に撮れましたよ♪

 

konica C35 フラッシュマッチ
SNSで最新情報をチェックしよう!