XF16-80mmF4 R OIS WRが予約開始!!!富士フイルムで一眼動画撮影の神レンズになる予感!!!

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

富士フイルムユーザーが待ちに待っていた、XF16-80mmF4 R OIS WRがついに正式発表になりました。大分前から開発の情報は出ていたり、モック品の展示はあったりとずっと話題にには出ていましたが念願のレンズがというふうに待っていた人も多いと思います。

僕は最近動画撮影に興味があり、細々と動画を撮影しています。そんな動画も撮影する(初心者だけど)富士フイルムユーザー目線で、XF16-80mmF4 R OIS WRについての期待値とかを書いていこうと思います。

 

 

XF16-80mmF4 R OIS WR

 

型番 XF16-80mmF4 R OIS WR
レンズ構成 12群16枚 (非球面レンズ:3枚、ED非球面レンズ:1枚)
焦点距離 f=16-80mm (35mm判換算:24-122mm相当
手ぶれ補正 CIPA準拠6.0段分
最大口径比(開放絞り) F4
最小絞り F22
撮影距離範囲 35cm~∞
最大撮影倍率 0.25倍(テレ端)
質量(約) 440g
フィルターサイズ φ72mm

XF16-80mmF4 R OIS WRは換算で24-122mm(5倍のズーム倍率)というなかなかの倍率を持ちながら、f値固定というとても使いやすい仕様のレンズです。しかも手振れ補正は6段ということはかなり強力な手振れ補正を搭載しているといえます。

静止画撮影でももちろん威力を発揮しますが、特に動画撮影ではより手振れ補正の恩恵を受けれます。

というのも富士フイルムの単焦点レンズにはほとんどのレンズで手振れ補正は搭載していませんし、ボディではX-H1しかボディ内手振れ補正を搭載していないのです。

そのなかで強力な手振れ補正と、f値固定の標準域ズームレンズはかなり嬉しい仕様となっていますね。

重さについても、440gと重すぎないのはとっても嬉しいポイントです。僕も以前XF16-55mmF2.8 R LM WRという大三元標準ズームレンズ(レッドバッチ)を持っていましたが655gもあるので、僕が現在使っているX-T3だとかなり重く感じでしまって使用頻度が低下をしてしまっていました。

そこでこのXF16-80mmF4 R OIS WRというわけですね。スペックを見る限りで重さとかサイズとかも含めてかなりバランスのよさそうなレンズになりそうですね。

 

 

雨1

さてここからは富士フイルムのレンズについて少し不満を書いていきます

 

今までの富士フイルムのレンズは一眼動画向きのレンズが少ないなぁと思う。

普段静止画の撮影で富士フイルムのレンズには不満が少ないのですが、一眼動動画になると色々と使いずらいなぁと感じる所が出てきました。とわ言っても、僕の持っている手持ちのレンズではですのですべてのレンズを検証できていると言わけではありませんあくまで僕の感想です。

 

単焦点はほとんど手ぶれ補正が載っていないので、微ブレが辛い。

富士フイルムの単焦点レンズは、ほとんどのレンズで手ぶれ補正が載っていません。ジンバルを装着しているわけではないので、歩いたりしながら撮影するというところまではしないにしても。ボディにもレンズにも手ぶれ補正が載っていないと止まって撮影をしていてもどうしても動画がぶれます。

単焦点では駆動音が気になるレンズが多い

例えば、XF35㎜f1.4 Rは動画には全く向いてないと思います。持っている人も多いので、あぁぁとなる人も多いかと思いますが、ギュイギュイ駆動音がうるさいレンズなのですが、動画に音が入ります。

富士フイルムXF35mmF1.4Rをレビュー | 単焦点の最初のレンズにおすすめな理由

マニュアル露出でf値が変化するズームレンズでは、焦点距離を変えるとf値が変化して露出が暗くなってしまう

これは以前使っていた、オリンパスでは起こらなかったことなのですが、富士フイルムのf値の変動するズームレンズは動画を撮影しながらズームを撮影するとf値の変動に合わせて露出が暗くなってしまう現象が起きています。

現在使っている、XF18-135㎜でなってしまうので、動画を使う時は焦点距離は固定して使うようにしています。ほかのレンズXF18-55㎜f2.8-4でも確認されているようなので、富士フイルムの仕様みたいです。

マニュアル露出での動画撮影時にズームすると明るさが一瞬変わる【富士フイルム公式】

公式でもQ&Aが出ている感じなので、割とここに関しての問い合わせが多かったというのが伺えますね。

雨1

設定とかで解決でるのでしょうか?もし設定で治るのであれば教えてほしい!!

 

こうやってみると、なかなか動画に最適なレンズというのが少なそうに感じます。(もちろんどのレンズでも普通に撮れます)

 

 

 

XF16-80mmF4 R OIS WRはX-H1以外の富士フイルムユーザーでも気軽に動画を楽しめる神レンズになってくれると嬉しいですね

今までの富士フイルムのラインナップだとどうしても動画撮影となると、X-H1のボディ内手振れ補正は5軸5.5段が明らかに有利でどのレンズでも強力な手振れ補正の恩恵をうけれるので、動画撮影はX-H1一択な雰囲気がありました(ジンバルとか使えば別ですが・・・)

もちろんX-H1ユーザー以外でも動画撮影をしたという方はたくさんいると思います。

XF16-80mmF4 R OIS WRの6段の手ぶれ補正とF値固定の使いやすさというのが相まって、動画撮影においてかなり使い勝手の良い神レンズになる気がします。

発売がたのしみですね!!!予約は開始しているようです♪

 

 

SNSで最新情報をチェックしよう!