富士フイルムXマウントにsummilux35mmF1.4 2nd(球面)をつけて撮ってみた

どうもあめちゃんです

現在富士フイルムX-H1を所有しているのですが、APS-Cの富士フイルムにLeicaのレンズをつけてどんな感じに写るかなぁと思ったので、今回はLeica summilux35mmF1.4 2nd(球面)という希代のクセ玉をつけて撮ってみました。

Leica summilux35mmF1.4 2nd(球面)

12504 Summilux 35mm/f1.4 2nd

Leica summilux35mmF1.4 2nd(球面)は、はクセ玉として非常に有名なレンズになっています。開放は、光が滲んで霧がかかったような感じで幻想的で、周辺減光もかなりあります。

絞るとにじみは消えてキレキレになっていくという特性があるレンズです。

絞って使えば普通のレンズなのでお得なレンズというわけです?

多分大好きな人には大好きなレンズで嫌いな人には受け付けれないレンズかもしれませんが僕はこの癖が大好きでLeicaMマウントでよく使用しています。

富士フイルムX-H1につけてみると

X-H1とsummilux35mmF1.4 2nd(球面)

富士フイルムにsummilux35mmF1.4 2nd(球面)をつけるとフルサイズ換算50㎜付近の標準レンズになりますので非常に扱いやすいレンズとなります。Leicaでは準広角、富士フイルムでは標準レンズとして使えるので35㎜という画角は非常に便利ですね。

富士フイルムでは、フルサイズよりもセンサーサイズが小さいASP-Cを採用しているので本来のこのレンズの特性をフルに味わうことができないので、オールドレンズなどを使ったりするときはフルサイズが好まれたりするのですが、逆を言えば中心部分の性能のおいしい所だけをつかえるという見方もできるので個人的にはAPS-Cにオールドレンズもきらいではありません。

きらいじゃないのにつけていなかったのは?なんでしょうか?w

それにしても富士フイルムのカメラにLeicaのレンズはよく似合いますね。富士フイルムは純正でLeicaMマウントのマウントアダプターをだしているくらいなのですもんね

X-H1で使用した の作例

普段LeicaM10ばかりにつけて撮っていたのでどこまでsummilux35mmF1.4 2nd(球面)の感じが残るのか、富士フイルムのフィルムシミュレーションとのコラボレーションはどうでるのかな?というところも気になるポイントなんじゃないかと思います。

今回僕が使ったのはPRO Neg.Hiを使用しています。(ここ最近はずっとこれだけど)

富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

summilux35mmF1.4 2nd(球面)は白い被写体の光が当たったところでよく滲むのですが、正しく滲んでいます。かといって解像がしていないというわけではなくしっかり解像しているんですよね。

そらの色は非常にきれいだと思いますし、光のとらえ方が上手なレンズだなぁと感じます。


富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

どらえもんの映画をみてきたのですが、ポップコーン入れもきっちり写っていますね。オールドレンズなので現代レンズほど色再現性のすぐれているわけではないので、やや彩度は低めになるときはあります。(いつもそうというわけではないですね)

富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

個人的には夏のまぶしい感じ?というのを表現するのにこの滲んでいる感じがあいそうだなっていつも思っていて 目がちょっと眩んでしまったときみたいな。


富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

もうちょっと滲みすぎてよくわからん・・・w 富士フイルムでも十分すぎるほどの開放の特徴が出ることはよくわかりました。

 

富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

summiluxって実は線が細くて繊細なんですよね。sumicronは線が太くて力ず良いといわれるのですが、椅子とテーブルは繊細に描写できている。

富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

この辺とかは、クラシッククロームみたいな雰囲気がでてますね。 この色の感じすきだなぁ・・・  


富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)



富士フイルムX-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)
X-H1 summilux35mmF1.4 2nd(球面)

絞れば、にじみはなくなり、細い線の鉄塔もち密に描写できていますね。普通のレンズとして使いたい場合はにじみがなくなるあたりまで絞って使えるので便利


富士フイルムでの使用は特徴を十分に引き出せて楽しめる組み合わせ

summilux35mmF1.4 2nd(球面)はクセが強すぎるくらいのクセ玉なので、富士フイルム(APS-C)でクロップされて、本来の特性が出ていないとしても十分にsummilux35mmF1.4 2nd(球面)らしさを楽しめるなぁというのが今回の感想です。

特に周辺減光はあまり感じられない感じなので、雰囲気がなくなったといえばそうですが、逆にすっきりした感じで扱いやすいという風に感じる人もいるのではないかな?と思いました。

個人的に非常に大好きなレンズでして、ライカを買う前から気になっていたレンズです。富士フイルムでも標準レンズとして使えてお得ですね



富士フイルムのXマウントのレンズって非常に高性能でよく映るんですけど、うつりすぎるくらいしっかりうつるのでちょっと緩い感じの描写も時にはいいですよね。(このレンズだけに限らず)

関連記事

どうもあめちゃんです 僕がLeicaM10を買う前から欲しい欲しいとずっと思っていたレンズが一本だけあったのですが、そのレンズを一年越しくらいでゲットしたのです。 その名は、Summilux 35mm/f1.4 2ndというレンズでクセ玉と[…]

ズミクロンを富士フイルムで使った記事はこちらから

関連記事

[template id="2834"] 現在ライカM10を使用していて、メインレンズとしてライカMマウントSummicron(ズミクロン)50mmF2を使用しています。せっかくなので、マウントアダプターを用いて富士フイルム(Xマウン[…]

富士フイルム APS-C ズミクロン50mmf2


最新情報をチェックしよう!