富士フイルムXF35mmF1.4Rをレビュー | 単焦点の最初のレンズにおすすめな理由

富士フイルムXF35mmF1.4Rをレビュー | 単焦点の最初のレンズにおすすめな理由

こんにちわ 髪を切って写真撮る人 あめちゃん@amedia_onlineです。

富士フイルムを買ったらまず欲しくなるのが単焦点レンズですね。富士フイルムのラインナップには単焦点レンズがたくさんありますが、最初の1本目を何にしようかなやんだりすると思います。

まずは、一本目を選ぶときに僕がおすすめしたいのが富士フイルムでは神レンズと呼ばれているXF35mmf1.4Rというレンズです。

この記事では一本目にXF35mmf1.4Rをオススメする理由を書いていきます。

スポンサーリンク

換算で50mmくらいの標準域は扱いやすいし万能である。

まずは最初の一本目ということで、ある程度応用が効いて一本で色々撮影ができるようなレンズがおすすめです。最初からドカンと数本を買って用途によって最高のレンズを使うのが理想ですが、まずは1本です。

換算で50mm付近は標準域(換算で35mm~70mmくらいの焦点距離)と呼ばれていて、50mmなどは人間の視界に近いと言われていて扱いやすい焦点域になっています。

画角的に広すぎたり狭すぎたりしないので、お花の撮影から、ポートレート(人物撮影)まで工夫次第で撮影の幅がつけれるレンズが多いのが特徴です。

工夫をするとは単焦点はズームができないので、もう少し広く写したければ、後ろに下がったり、大きく写したければ前に出たりと自分の足を使って構図を変えたりするので、単焦点で撮影すると勉強になります。

 

実際に僕もレンズ1本だけ残せと言われたら間違いなく標準域の単焦点を一本残します。そのくらいメインになるレンズだと思います。

 

XF35mmf1.4Rのスペック表からみるおすすめポイント

XF35mmf1.4 フード

型番 XF35mmF1.4 R
レンズ構成 6群8枚(非球面レンズ1枚)
焦点距離 f=35mm(35mm判換算:53mm相当)
最大口径比(開放絞り) F1.4
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.17倍(換算0.27倍)
外形寸法:最大径×長さ(約) ø65.0mm×50.4mm
質量(約) 187g
フィルターサイズ ø52mm

XF35mmf1.4Rの特徴として標準域の単焦点でf1.4というとても明るいレンズであるということが第一のおすすめポイントです。明るいレンズは暗い室内でもシャッタースピードを稼ぐことができたり、ボケ量を稼ぐことができます。

あと65.0mm×50.4mmというサイズ感と重さも187gと比較的軽いレンズという事ががとても扱うのにちょうど良いサイズというところです。大きすぎるレンズだとストリートスナップなどをするには向きませんし、大きいレンズは重くなります。

(大きいレンズは大きいなりのメリットがありますので小さいレンズが正義というわけでもないです)

 

[adcode]

XF35mmf1.4Rは描写性能がめちゃくちゃいいからおすすめ。

いくら標準域で明るいレンズだからといって、描写性能が悪かったらおすすめはできませんね。とわいっても富士フイルムのレンズはとても評判が良くて、「富士フイルムのレンズにハズレなし」とも言われたりするくらいの評判です。

描写性能が良くてオススメな理由は

  • f1.4の明るいレンズなのでよくボケる
  • 雰囲気がある描写性能がすき
  • 絞るとかなり解像する
  • 程良い距離感のポートレートが撮れる

という感じでしょうか。

このこの項目は詳しくは、関連記事で書いています。(xf35mmf1.4R好き好きという記事です)

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://amemiya-hair.tokyo/2018/08/xf35mmf14-lend-god/]

 

XF35mmf1.4Rの作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4 作例

 

 

【番外編の作例】MCEX-16マイクロエクステンションチューブにXF35mmf1.4Rを使った作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4 作例

XF35mmf1.4Rにマイクロエクステンションチューブという最大撮影倍率が高くなるものをしようするとXF60㎜f2.4のハーフマクロを超えた0.61倍という高い倍率になります。XF35mmf1.4Rのマクロの倍率の伸び幅がとても大きいので化けるレンズですね。

レンズ名 レンズ単体の撮影倍率 MCEX-16着用時倍率 着用時被写体からレンズ先端(mm)
XF60mmf2.4Macro 0.5(ここをベース) 0.76 143mm
①XF35mmf1.4 0.17 0.61 55mm

 

 

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://amemiya-hair.tokyo/2018/09/mcex16-macroextensiontube/]

 

XF35mmf1.4Rのデメリットも確認しておきましょう。

XF35mmf1.4RはAFが遅い問題

他の会社のカメラを使っていて乗り換えた人はこのレンズに限らす思うこともあるかもしれませんが…

描写性能に関しては良いところばかり上げてきましたがデメリットとしてよく挙げられるのがAF遅い問題です。構造が古いのでAFが遅いとよく書かれていると思います、実際に結構遅いなと思います。

ただ第三世代のセンサーを積んでいる現行の機種は子供も撮影できる位のAFです。(とわいっても遅く感じることがあると思いますが)

吹き出し画像あめ
ただ使っていると慣れてあまりAFの事が気にならなくなってきました。(人間て不思議w)

 

2018年11月現在はXーT3という次の世代のプロセッサーとセンサーを積んだ機種が発売していてAFがとても早くなっています。X-T3ユーザーはXF35mmf1.4rがAF早くなって迷わなくなったということでデメリットがかなり解消されています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://amemiya-hair.tokyo/2018/09/xt3fujifilm/]

 

 

四角いフードはカッコイイけどよく取れる

四角かっこいいんですけど、ちょこっとフードが取れ易いようなきがします。すぐに回っちゃうんですよねフードの上から付けるレンズキャップも良く取れる。この辺はなんとかならないかなって思いますが・・・

吹き出し画像
あめ
いやでも四角ってかっこいいよなぁ…

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://amemiya-hair.tokyo/2018/08/xf35mmf14-lens-food/]

 

 

XF35mmf1.4Rで僕が気になるデメリットはこの二つぐらいですが解決策に近い形で現在運用できていますので、現在は、デメリットには感じていません。

 

お勧めできる人

  • 開放ふんわりの描写が好きな人
  • 防塵防滴を重要視しない人

XF35mmf1.4 お勧めできない人

  • AFの速度が最優先の人
  • 防塵防滴が必ず必要な人

XF35mmf1.4Rがお勧めできないに該当してしまう人は標準域の単焦点はXF35mmf2がおすすめですね。

 

 

まとめ

 

LINEで新着情報の配信やご予約が出来ます

CTA-IMAGE LINEにて「友だち追加」後、トーク画面にてメッセージをお送り頂くとこちらからご返信差し上げますので、お友達に連絡をするようにお気軽にお尋ねください。ご予約は24時間可能です。