XF35mmf1,4は表現力の幅が広いレンズ。f2と迷ったらf1,4がおすすめという話。

XF35mmf1,4は表現力の幅が広いレンズ。f2と迷ったらf1,4がおすすめという話。

スポンサーリンク

自由が丘美容室エクリュ美容記事を書いていたら飽きてカメラ記事を書いている雨宮@amedia_onlineです。美容記事は結構書くのに気をつかうんですよね。。。

というのは置いて富士フイルムのX-t2(ボディ)に替えて数週間たったのでレンズをしていこうかなと思います。

 

 

ボディのレンズセットと一緒に買ったのは「XF35mmf1.4」というレンズ。巷では神レンズと噂されているのですが…

神でした。

なんという雑な回答・・・富士フイルムをかってまず単焦点が欲しくなって最初に候補になる焦点距離が23mm(換算35mm)と35mm(換算52.5mm)になるかと思います。(個人的主観ですが・・・)

スペックがどうだというより使い心地的なところを紹介できたらいいかなと思います。

 

スポンサーリンク

XF35mmf1,4は表現力の幅が広いレンズ。f2と迷ったらf1,4がおすすめ

富士フイルムのレンズって選ぶのがめちゃくちゃ難しいんですね、23mmと35mmに関しては同じ焦点距離に2種類性格の違うレンズが存在するので、皆さん買う前に頭を悩ませていることでしょう・・・・僕も相当悩みました。その焦点距離に何を求めるかということになると思います。

52.5mmという焦点距離とf1,4は結構フワフワにボケを作れるレンズです。

 

グレインエフェクト/クラシッククローム
グレインエフェクト無し/クラシッククローム
グレインエフェクトあり/クラシッククローム

35mmf1,4はこんな感じのふんわりした描写ができるレンズです。個人的にはこの感じはとても気に入っています。f2だとここまで柔らか描写は厳しいでしょうし、もう少しシャキっとした感じになります。

僕は50mm位の標準単焦点にはこのくらいボケを作れたほうが面白いのではないかなと思います。

キレのある写真もお手の物

プロビア

絞ればいい感じにキレのある写真になります。まぁどのレンズでも絞ればそうなるのでしょうけど、あんなけ柔らかい描写ができてさらに、このくらい解像する写真が撮れるのはなんて表現の幅があるレンズなんだろうという感じです。

あなたが35mmに求めるものは何?

結果論としてここになってくるのではないかと思います。僕はf1.4にしてボケを取りました近接写真や、切り取った感じにはボケが似合うなと・・・・

そして23mmには僕はスナップとしての機動力を求めたいと思ったのでAF性能、防塵防滴、を優先してf2を選択しました。そうですね自分の撮影スタイルでここは変わりますが、僕は35mmはf1.4がおすすめという事。

 

35mmf1,4はAFが遅い問題

他の会社のカメラを使っていて乗り換えた人はこのレンズに限らす思うこともあるかもしれませんが…

描写性能に関しては良いところばかり上げてきましたがデメリットとしてよく挙げられるのがAF遅い問題です。構造が古いのでAFが遅いとよく書かれていると思います、実際に結構遅いなと思います

ただフラグシップのX-t2pro2X-E3らへんのユーザーさんは問題なく子供も撮影できる位のAFです。(子供は結構動くので大変)

なれとは怖いもので慣れてあまりAFの事が気にならなくなってきました。(人間て不思議w)

四角いフードはカッコイイけどよく取れる

四角かっこいいんですけど、ちょこっとフードが取れ易いようなきがします。すぐに回っちゃうんですよねフードの上から付けるレンズキャップも良く取れる。この辺はなんとかならないかなって思いますが・・・

いやでも四角ってかっこいいよなぁ…

 まとめ

35mm開放みたいなふわっとしたレビュー記事になってしまいましたが、使った感想をつらつらと書いてみました。いや~富士フイルム面白いですね。

 

 

 

 

記事中使用レンズのタグ振り分け

amedia-onlineではカメラ記事以外でもカメラを使って撮影している記事が多くございます。その記事で使用したレンズをタグで振り分けをしております。レンズの作例という感じで活用してもらえたら嬉しいです。

フジフィルムXマウント(メインマウント) 

マイクロフォーサーズ(サブマウント)

※メイン機マウント移行により売却済みレンズには「★」を付けています。星無しは現在でも運用中。

富士フイルムカテゴリの最新記事