断捨離をしてデジタルとフィルムの機材バランスを整える|お迎えしたアイテム

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

ここ最近コロナで自粛というのもあり、なんとなく写真を撮る機会が減っていてふと思い立っていったん自分の機材を見つめなおして色々整理をしました。

 

デジタル機材と、フィルム機材のバランス

デジタルでは僕はメインは富士フイルムとライカがメインで使っているのです。普段からブログの記事用の撮影とか動画撮影も多いので、そういう面も含めると富士フイルムの方にはかなり活躍してもらっています。ただ富士フイルムの純正レンズは手持ちは少なめで、フリンガーというキヤノンEFマウントをAF駆動させて節約も兼ねて使っていたという現状。

一方フィルム機材は現在は友人から頂いたNikonのFM2がメインで稼働している。びっくりするくらい扱いやすくて非常に気に入っているのです。気に入って使っているとどうしてもレンズ交換式だとレンズを集めたくなってしまうのでFマウントに関してはレンズをすこしずつ買い始めているというのが現状。

 

現状では、デジタルは富士フイルムをメインにおきながら、フィルムはNikonのFM2がお気に入りで使いたいカメラになっているというのがげんざいの素直な感想

 

 

マウント数が多くなってしまったので機材に統一感を出したくて断捨離をする

上の項目をよんだだけでもわかる通り、ちょっとマウント数が多くなってしまった。ライカのM、富士フイルムのX、キヤノンのEF、NikonのFというマウントを事実上集めていた事になるわけなのですよね。

フリンガーは、富士フイルムで使うためのなのでXマウントのつもりで集めていたわけなのですが・・そうはいっても非純正。

 

ここ最近はFマウントのレンズ性能の高さが魅力的で富士フイルムでも普通に活躍できるレンズ性能なので、EFマウントを一式断捨離をすることにしました。

あめ
EFマウントはキレイさっぱり断捨離完了です

今後は「富士フイルム+NikonFM2でFマウント+〇〇」というのが理想かな・・・

今後はFマウントのレンズを集めつつ、富士フイルムで活用をしながらやっていこうかなと思っています。というのもFマウントのレンズ面白いですよ。オールドレンズなのにレンズ性能が高くても安いんですよ。1万円前後とか

作例】Ai Micro-NIKKOR55mmF3.5
4000円で買ったNIKKORマクロレンズ

そうそうこんな感じで、安くても写りがいいレンズが多いのでレンズ資産的には面白くなりそうだなっていうのを思っているというわけですね。

あと〇〇というのは、Fマウントを活かしてそのうちNikonのレフ機とか生えてきそうだなとは思っています・・・

多分

この構成だと、どうしてもMF寄りの構成になってしまうので、AFができるズームレンズなどは、富士フイルム純正で構成を見ながら集めていこうかなと思います。

 

あめ
とりあえず断捨離をして機材がスリム化されたので今後が楽しみです。

 

というわけで断捨離によりお迎えしたレンズ (Leica Summilux 35mm/f1.4 2nd)

という断捨離劇の副産物により爆誕してしまったレンズがありまして。ライカSummilux 35mm/f1.4 2ndというレンズをお迎えすることになりました。

僕がライカを購入する前からずっとほしかったレンズなんです。このレンズはどこかのタイミングでは必ず買うだろうと思っていたレンズなのでそこまでほしいほしいって恋焦がれるレンズってそうそうなきがしますが。そんなレンズ

あというか、断捨離の元凶はこの子なんですけどね・・・w

なんてせつめいしたらいいんでしょうか。ライカの中でも異質なクセ玉として有名なのですが・・・まぁそこはおいおい・・・ゆっくり撮っていこうと思います。とりあえずご報告までに

Summilux 35mm/f1.4 2nd
Summilux 35mm/f1.4 2nd
Summilux 35mm/f1.4 2nd

 

 

 

最新情報をチェックしよう!