FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WRをレビュー。もはや単焦点?ポートレートもこなせる万能レンズ。

FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WRをレビュー。もはや単焦点?ポートレートもこなせる万能レンズ。

こんにちわ自由が丘美容室エクリュ雨宮@amedia_onlineです。

xf16-55mmf2.8通称赤バッチの標準域ズーム通しズームを買ったのでレビューをしていこうと思います。

先に言っておくと僕はボディ沼よりもレンズ沼タイプです。w

前日ネタで「レンズ沼」と書いてあるTシャツを買いました。その記事はまた後日w

スポンサーリンク

結論から先に言うとXF16-55mmF2.8 R LM WRは今後僕のメインレンズになりました。

XF16-55mmF2.8 R LM WR レンズ

なぜこんなにも惚れ込んでしまったのか・・・・理由は一つで、ズームとは思えない描写力です。

xf16-55mmf2.8一本で代官山蔦屋書店をお写んぽしてきたよ。
僕は光学性能的に優れた描写をする単焦点が大好きです。焦点距離によって映りに個性はあるものの、単焦点レンズはその焦点域(そのmm)で最高の映りをしてくれます。特に富士フイルムの単焦点は映りのいいレンズばかりで特に好きです。

やはり単焦点の魅力は、明るいf値からくるボケの量や、ピント面の解像力とか色々好きな要素はあります。

そんな感じの凝り固まった単焦点バカの僕がズームでもいいか。と思わせてくれるのがxf16-55mmf2.8というわけです。

でもこんな風に書いていますが単焦点の高い描写性能が大好きなんです。このことも踏まえてメインになった理由を書いていきます。

 

単焦点は大好きだけど、単焦点でチャンスを逃すのが勿体無い。

XF16-55mmF2.8 R LM WR レンズ

レンズを交換するのが難しい場面や、足で稼げない場面というのにたまに遭遇することがあって、チャンスを逃していたことが気になっていました。ズームだったらーなと思う事は良くあると思います。

僕もそうですが、描写性能とズームを天秤にかけてどうしても満足いかなくて単焦点というのが今まででした。でもxf16-55mmf2.8ならそこをクリアできたというのがメインになった理由の一つです。

 

換算24mm~84mmをカバーできるベストな焦点距離

XF16-55mmF2.8 R LM WR レンズ

xf16-55mmf2.8は広角で24mmが確保できるというのはかなりありがたいです。ワイド端で他の会社でも28mm始まりは多いのですが、景色を撮るときにどうしても狭いんですよね。やっぱり最低でも24mmは欲しいです。テレ端で82.5mmまで乗ってくれているのも完璧だと思います。24mmは景色に最適で、82.5mmはポートレートに最適です。

 

ポートレートに使いやすい換算84mmf2.8で撮れるので通しズームの恩恵を最大限に感じる。

もちろんポートレートといえばフジフイルムにはxf56mmf1.2という神レンズが存在するのでもちろんそこと比較すると負けてしまいますが、中望遠でf2.8でも背景の距離とか撮影するる距離によっては結構ぼかすことができると思うので、結構満足しています。記事の後半で子供のポートレート?スナップを作例で上げていますので参考にしてもらえたらと思います。

子供ポートレート作例へジャンプ

 

※【追記】XF16-55mmf2.8に関してポートレートをどのくらいいけるのかという検証記事を追加。

XF16-55mm F2.8でのポートレートどうなの?XF90mm f2の作例を使って比較する。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRのスペック表

 

型番 XF16-55mmF2.8 R LM WR
レンズ構成 12群17枚(非球面レンズ3枚、異常分散レンズ3枚)
焦点距離 f=16 – 55mm(35mm判換算:24 – 84mm相当)
画角 83.2°- 29°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F22
絞り形式
羽根枚数 9枚(円形絞り)
ステップ段差 1/3ステップ(全19段)
撮影距離範囲
標準 0.6m~∞(ズーム全域)
マクロ
広角:30cm~10m
望遠:40cm~10m
最大撮影倍率 0.16倍(テレ端)
外形寸法:最大径×長さ(約) ø83.3mm×106.0mm(ワイド端)/129.5mm(テレ端)
質量(約) 655g
フィルターサイズ ø77mm

フィルター径77mmと重さが655gあるのはデメリット。

フィルター径が77mmというのが地味に保護フィルターいいお値段するのが若干痛手です。でも安いよくわからない奴で光学性能損ないたく無いし…という感じです。個人的にはいいレンズにはあまりケチらない方がいいと思うけどそこは予算とご相談。655gはやっぱりかなりの重さがあります。

使用感的にはこちらの過去記事がわかりやすいです。

 

重さ問題は個人の感じるところが大きいので色々ご意見はあると思いますが、僕は常用出来るギリギリラインの大きさという感覚でもっていますので決して小さいレンズだとは思っていません

子供と遊ぶのがメインになりそうな日は持っていかないなという感じです

ケンコー・トキナーオンラインショップ

 

スポンサーリンク

XF16-55mmF2.8 R LM WRの作例

xf16-55mmf2.8作例
髪の毛一本1本の解像具合が好き。(美容師ですのでこれ仕事。)

僕がxf16-55mmf2.8にはまったきっかけもフジレンタル通信第1回目の記事の時に異常に髪の毛が解像したからというのが発端です。

 

xf16-55mmf2.8作例
真ん中の鳥2匹が可愛かったからついついとってしまった。

実はこういう写真が一番このレンズの好きなところなんじゃなかっって思ったりします。僕は撮影スタイル的にスナップであっても主題にはピントピークを必ず持ってきたい人なので、こういう小さい被写体でも立体感が出せるのはすごい相性がいいなと思います。

 

xf16-55mmf2.8作例
うめ。

被写体によればそれなりにはボケてくれます。ボケに関してはf2.8なのでモノ足りなさを感じる人もいるかも知れないですね。そんな時は単焦点に変えたらいいんですね。

東京タワーがよく解像しています。細かいタワー系は解像してるとワクワクしちゃいますよね。右上の木がぶれているのは風かな?

xf16-55mmf2.8作例
空と建物

そうそう僕の写真で多いのが空と建物を切り取ることです。なんででしょう好きなんですよね。ズームの恩恵しかないです単焦点でビルを好きな構図で切り取るのは無理です。
PRO Neg. STDの空の色がすきです。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR 作例
ベルビアをちょっとだけいい感じに使えた。

f8~9くらいに絞ってベルビアで撮影。絞ると異常に解像しますねこのレンズ。これってもはやズームレンズでは無いんじゃなかろうかという描写性能な気がします。

息子ポートレートもいい立体感がでてます。

みんなが愛する中望遠換算85mmには少し足らないけどほぼ近い焦点距離で撮影が出来るというのはやっぱりf2.8通しズームのメリットです。

XF16-55mmF2.8 R LM WR 作例
楽しそう・・・・w

これは良くボケていますね。そして被写体はかなり立体感が出ています。このレンズ絶対ズームじゃない。w

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR 作例
構図的に前後が混み合っています。

AFが速くて正確なので混み合った構図でもしっかりと、ピントが合っています。

XF16-55mmF2.8 R LM WRの作例

さっきの場所へ戻る。

XF16-55mmF2.8 R LM WRズーム1本でいけるのか?

もうここまでよく写ったらxf16-55mmf2.8一本で行けるのでは?と思うかもしれないですけど。やっぱり単焦点は単焦点で、開放f値が一段、一段以上明るいレンズではどうしてもボケ量は勝てないのでそこは選んで使う必要があるし、もちろんサイズはかなり大きいので軽快に撮影するときは単焦点という風に使い分けはしたほうがいいと思います。

あと夜はf2.8はやっぱり暗いです。なので性格が違うxf35mmf1.4を一緒に持つことが個人的には多いです。

XF16-55mmF2.8 R LM WRは買って損はしないレンズ。

XF16-55mmF2.8 R LM WR

 

とにかく言えるのは、xf16-55mmf2.8はおすすめだって事です。

 

現場からは以上です。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRがメイン機材の撮影記事

レンズの使用頻度はかなり高いので記事丸ごとこのレンズを使用した記事をまとめていこうと思います。

等々力渓谷は東京23区内で唯一の渓谷。最高にフォトジェニックだった。

みなとみらいの撮影スポットは汽車道がおすすめ。シゲさんとフォトウォークをしてきたよ。

 

 

 

 

富士フイルム関連記事

記事数が増えてきたので整理しました。関連記事はこちらから見ることができます。

 

 

LINEで新着情報の配信やご予約が出来ます

CTA-IMAGE LINEにて「友だち追加」後、トーク画面にてメッセージをお送り頂くとこちらからご返信差し上げますので、お友達に連絡をするようにお気軽にお尋ねください。ご予約は24時間可能です。