富士フイルムX-E2レビュー | 中古でコスパが良すぎるのでサブ機にもおすすめ(2019/10 追記)

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

富士フイルムX-E2についてのレビュー記事です。僕が探していたのはメイン機ではなくサブ機。サブ機としてX-E2を買って使ってみた感想などをレビューしていこうかと思います。(2018年2月時点)

X-E2は、2013年11月9日に発売しています。今が2018年なので実質今だと4年くらいでしょうか。2017年の冬にX-E3というE-2の後継機種が発売されて結構話題を呼んでいるのですが、E-3が発売されるまではEシリーズをメイン機として引っ張ってきた存在です。

※2019年10月に大幅追記致しました。 現在にもし買う場合には必要十分な性能があるのかなど情報が古くなってしまったため追加しています。

X-E2はサブ機運用としては通常使用に十分なスペックを持ち合わせている

XーE2とxf18-55mm
XーE2とxf18-55mm

X-E2はフラグシップ機のX-Pro2のと同じ系統でレンジファインダー風機でEVFのみの搭載のミドルエンド機になっています。発売から年数がたっていることもあって少しAFはもっさりしているかもしれませんが不満が出るほど遅くはないという印象。一世代前のスペックになりますが今でも十分に現役です。(2018年現在)

あめ
センサーは古いですが、思ったより普通に撮影する事ができていました

 

型番 FUJIFILM X-E2
有効画素数 1630万画素
撮像素子 X-Trans CMOSII
総画素数1670万画素
センサークリーニング 圧電素子による超音波方式
記録メディア SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
ファインダー 電子ビューファインダー
0.5型 有機ELファインダー 約236万ドット 視野率約100%
アイセンサー付き
液晶モニター TFTカラー液晶モニター 約104万ドット(視野率約100%)
動画 Full HD 1920×1080 60p/30p  連続最大約14分
寸法・質量 約350g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
標準撮影枚数(*2) 約350枚 (XF35mmF1.4 R使用時)

 

※2019年追記分

販売期間が重なっていたカメラの時期としては、X-T2やX-Pro2や、X-T20と同時期に店頭には並んでいたカメラであるのですが、発売が2013年と中々に古いため、センサーが一世代前の「X-Trans CMOSⅡ」というのが少し気になるポイントです。他の機種は、「X-Trans CMOSⅢ」がのっているので、2019年現在に中古で手に入れたい場合は気を付ける必要はあります。

 

 

サブ機(X-E2)にもとめるのはスナップがしやすいかどうか。

僕のメイン機はX-T2です。

最近はXT2用縦位置パワーブースターグリップ VPB-XT2を買ったので若干機動力が落ちてました。写真の様にT2が図体がでかくなってしまったので。(自分で好んでしているんですけっど。w)グリップを付けることによるメリットがあるのでそれはそれでいいのです。スナップを中心に考えたときに、X-T10,20では操作性がT2と変わらないし。X-Pro1だともう一世代前になってしまうしといろいろ考えたのですがにE2が適任だったという事になりました。

 

 

X-E2はレンジファインダーの軽快な操作性と、サムレストを付けてより速写性が上がっている。

富士フイルム X-E2
X-E2 レンジファインダ-風

右手にカメラを持って気になったら、ファインダーを覗いて撮る・・・当たり前だけど。レンジファインダータイプはこの動作が片手でもいけるというのが今までとは全然違うところです。

T2も片手で出来ない事はないけど・・・どうしてもバランス的に両手で持ちたくなるのです。

E2は本当に自然にその動作ができます。

ボタンの配置も例えばT2だったらAE-LとAF-Lは離れたところにあって両手だと気にならないけど。片手だと押せない位置にあったりします。

E2は縦に二つ並んで、指を元からかける位置に配置してあります。こういう考えられた配置がとっても使いやす。

 

サムレストがついているX-E2
サムレストがついているX-E2

サムレストって思った以上に必須アイテムなんだって思いました。もうバランスがまるっきり違います。先ほどいった片手で持ってさくっと覗いて撮る。そんな動作を思った以上にスムーズにしてくれる。

いやつけたほうが絶対いいです。

 

X-E2は中古でかなりお手頃価格まで落ちてきている。が他の機種もだいぶ値下がりをしているので要検討(2019/10現在)

X-E2は2019年現在はかなりお手頃価格になってきてるのでおすすめでわありますが・・・
もっと前の型だと中古で安く買えるかもしれないんですけど。長く使っていく事を考えたらAF性能とかもろもろを考慮したらX-E2のセンサー性能がギリギリ実用的な範囲ではないかと思います。
ちなみに2019年/10月の中古価格相場を調べてみます。(新品は販売終了しています)
機種名 中古価格(2019年/10時点)
X-E2(X-Trans CMOS II) 29800円 位(美品程度)
X-T20( X-Trans CMOS III) 48800円~58000円位 (良品程度)
X-T10(X-Trans CMOS II) 31800円 位
X-E2はかなりお安く中古価格で出ていますが逆に販売終了しているので、新品だとありえないような高額な金額がついてたりしますが気を付けてください。w
ここまで安いと、かなり魅力的な高コスパ機であることは間違いがないのですが、その次の世代のセンサーを積んでいるX-T20などもかなり買いやすい値段まで下がってきているという所に注目もしてほしいなと思います。
関連記事

[template id="2834"] ついつい手が滑ってカメラを購入してしまった。というのも僕は楽天をがっつり使っているユーザーなので、「楽天マラソン」というがっつりポイントアップを狙いながらお買い物できるキャンペーンの時にはどう[…]

白い箱の富士フイルム
あめ
先日X-T20を購入して使っています(2019/10現在)

X-E2にはXF23mmf2や、XF35mmf2シリーズが実用的でおすすめ。

X-E2を購入してレンズをもし選ぶとしたXF23mmf2や、XF35mf2、XF50mmf2などのいわゆるF2シリーズをお勧めしたいです。どうしてもXF35mmf1.4などの古いレンズ群を使うとAFの遅さは気になってしまうとおもいます。
F2シリーズは設計が新しいレンズなので、AF速度が速いのでX-E2の古めのセンサーのAFの遅さをすこしでもカバーできるというのがメリットになります。

 

 

【まとめ】機種の古さを納得したうえでの導入はとてもコスパの良い機種ではある(2019年現在)

2019年現在、X-E2はかなり古めの機種になっていますが、かなりお手頃価格で富士フイルムの色を楽しむのにはよい選択になるかもしれません。

 

 

fujifilmX-E2.jpg
SNSで最新情報をチェックしよう!