XF23mmF2 R WRをレビュー。スナップに最高のおすすめレンズ。

自由が丘美容室エクリュ雨宮@amedia_onlineです。

実は富士フイルムに移行してからだいぶ早い時期にxf23mmf2は購入をしていてずっと使っていたのですが、最近防湿庫でお留守番が多くなっていましたが、改めて使うとやっぱりとっても使いやすいレンズだったのでレビューをしていこうと思います。

 

広告

XF23mmF2 R WRは映りがいい優等生なレンズ。

 

XF23mmF2 R WRは防塵防滴で、AFも早く、換算で35mmというとっても人気がある焦点距離のレンズです。普段お散歩しながらスナップをするのには最高の相棒になってくれます。元々はproシリーズで光学ファインダー時にレンズが映りこまないように先細りに設計をされているそうなので、proシリーズとの相性は最高なのはもちろんの事、E系などのレンジファインダー系にはめっぽう相性がいいレンズとなっています。(結果相性が悪いボディはないんですけど・・・w)

型番 XF23mmF2 R WR
レンズ構成 6群10枚 (非球面レンズ2枚)
焦点距離 f=23mm (35mm判換算:35mm相当)
画角 63.4°
最大口径比(開放絞り) F2
最小絞り F16
絞り形式
  • 9枚(円形絞り)
  • 1/3ステップ (全19段)
撮影距離範囲 22cm – ∞
最大撮影倍率 0.13倍
外形寸法:最大径×長さ(約) ø60.0mm x 51.9mm
質量(約) 180g
フィルターサイズ ø43mm

XF23mmF2 R WRのメリットとデメリット

普段からXF23mmF2 R WRを使っていて感じるメリットデメリットをあげていきたいと思います。というかとてもいいレンズなので、あまりデメリットというデメリットが無いのがXF23mmF2 R WRなのかもしれません。

メリット

  • xf23mmf1.4よりもAFが速い。
  • 防塵防滴でどんなシュチュエーションでも持っていける
  • f値が2なので解放からすっきりとした描写。
  • ボディがコンパクト

デメリット

  • 換算35mmでf2のf値なのでボケ感が弱いと感じるときがある。
  • 購入時付属品のフードがpor系の使用を意識しすぎてあまりかっこよくない。

という感じでピックアップできました。デメリットも使用方法によりきりでボケが必要だったり必要じゃなかったりするので、あえてあげればといったところでしょうか。

そう考えるとXF23mmF2 R WRはなんて優等生レンズなんでしょう。。。。

 

XF23mmF2 R WRは身の周りの手に届く範囲の物や人を撮るのがすごく撮りやすいレンズ

 

xf23mmf2作例
風船を持つ息子

例えばうちの息子の写真、駅のホームでの一コマ、駅構内は人も多いし、けがをしてはいけないので、親は子供のそばを離れられないのですが、xf23mmf2なら撮影できるのが素敵。

このくらいの距離感のものを写すのが得意なレンズです。これがxf35mmf1.4だとそうもいかないんです。

xf23mmf2作例
3人で手をつなごう

この写真もxf35mmf1.4だとかなり体制に無理があります。やはり身の周り。

xf23mmf2作例
桜が舞い散る

レンズが軽いからサクッとローアングルでも撮影できるのがいいです。

xf23mmf2はテーブル席でもちょうど良い

対面で座るテーブル席などではxf23mmf2は大活躍します。料理も人も本当にちょうどよく入ってくれるのがXF35mmF1.4だと入りきらなかったりしますので。23mmというのは本当に便利な焦点距離なんだと思います。

 まず1本目はXF23mmF2 R WRをおすすめしたい。

切り取りすぎず、広すぎず、程よい距離感で撮影を出来るのが、23mmの焦点距離かなと思います。万能にこなしてくれるのに、単焦点のキレのよい描写力もあるのでとにかく使いやすいレンズです。

街の中をお散歩しながら撮影してみたいと思ったらまずはこのれんずからはじめてみてはどうでしょうか?

XF23mmF2 R WRをタグから作例を見てみる⇒

 

 

 

 

富士フイルム関連記事

記事数が増えてきたので整理しました。関連記事はこちらから見ることができます。

 

 

 

 

 

広告