XF23mmf2とXF23mmf1.4どっちにします問題。撮影スタイルから考えるXF23mmf2にした理由。

XF23mmf2とXF23mmf1.4どっちにします問題。撮影スタイルから考えるXF23mmf2にした理由。

こんにちは自由が丘美容室エクリュ雨宮@amedia_onlineです。

富士フイルムの23mmは35mmと同様にf1.4とf2両方あってレンズの光学性能とか値段とかレンズの性格とか違うので皆さん選びきれないのでもやもやしている人も多いいんじゃないかなと。

資金が潤沢にあって両方買える人はいいですが、多くの人は同じ焦点距離ではどちらか一方を選択する事になる場合も多いのではないかと思います。今回は僕がXF23mmf2を購入するまでの考えを書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

一本目の単焦点が神レンズと呼ばれているXF35mmf1.4 Rを選択した。2本目にXF23mmf〇をかうなら?

 

僕はまず富士フイルムで神レンズと呼ばれることが多いXF35mmF1.4 Rを一本目めに選択しました。このレンズは換算で53mmの焦点距離と明るいf1.4という事もあり。とってもやわらかいボケをしてくれて使い方によってかなりのボケを生むことが出来るレンズです。ボケ好きな人には本当にヨダレがでるような描写をするレンズです。

50mm付近の焦点域を標準域と呼ばれていて。カメラの勉強をするなら50mm呼ばれるくらい基本の画角です。(個人で標準画角に関しては違いがあるそう)なので僕も50mmは大好きな画角で、道端の花や街角を切り取った取りするときに最高に使いやすい画角だと思っています。

 

ただ神は万能ではないんですね。AFは遅いという事と、防塵防滴ではない事。

53mmというのは思ったよりも画角は狭く。毎日何気ないスナップをするにもう少し広角でもいいと感じる事が多くなっていました。

そこでXF23mmf〇 というわけです。換算35mmという画角をどうしても欲しくなってきました。

 

XF23mmF2 R WRとXF23mmF1.4 R2つのレンズの評判を確認してみる。

XF23mmF2 R WR

  • 防塵防滴
  • AF速度が早い
  • 軽い
  • 値段が安い
  • 素直によく映る

XF23mmF1.4 R

  • 高い光学性能で優れた描写性能
  • 明るい開放値
  • AFがややもっさり
  • 防塵防滴が無い
  • 値段が高い

 

二つのレンズがまるっきり性格が違うのでどっちが絶対という事はないのですが。

23mm(換算35mm)の自分の撮影スタイルを考えるとXF23mmf2 R WRが向いていそうだ。

換算35mmと聞いて僕がすぐに使いたいなと思ったのは、日常もスナップです。毎日つけて歩いて。気軽にパシャパシャ撮り歩くそんな使い方をしたいのが23mmかなと思いました。

つけっぱなしで毎日いるのなら防塵防滴があんしんだろう。AFも早い方がいい。

というのが答えでした。XF35mmf1.4を先に買っているのでぼかした写真を撮りたければそっちにお願いすればいいのでは?XF23mmの焦点距離ではそこまでボケを重視はしませんでした。

なによりも使いやすさ。この一点ではXF23mmf2 R WRが一番いいのではないかという事になったというわけです。

 

[XF23mmF2 R WRをレビュー。スナップに最高のおすすめレンズ。]の記事はこちらから⇒

 

 

 

さいごに

富士フイルムのレンズはどれもアタリといわれるくらいいいレンズがそろっています。今回は僕がXF23mmf2を選択した理由という感じでお話させていただきました。レンズ選びの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

富士フイルム関連記事

記事数が増えてきたので整理しました。関連記事はこちらから見ることができます。

 

 

LINEで新着情報の配信やご予約が出来ます

CTA-IMAGE LINEにて「友だち追加」後、トーク画面にてメッセージをお送り頂くとこちらからご返信差し上げますので、お友達に連絡をするようにお気軽にお尋ねください。ご予約は24時間可能です。