XF35mmf1.4Rは富士フイルムの神レンズと呼ばれる僕の相棒。【作例多数】

こんにちわ 髪を切って写真撮る人 あめちゃん@amedia_onlineです。

富士フイルムで最初の一本に選ばれることも多いXF35mmf1.4R

愛好者が後を絶たないレンズです。

 

僕の中ではずっとメインレンズでなくてはならないレンズです。なぜそんなにこのレンズは魅力的なのか・・・・スペック表からは分からない。普段使っている使用感をお話していこうと思います。

 

XF35mmf1.4rという僕の相棒を紹介します。

 

広告

XF35mmf1.4rが好きだ。

冒頭から告白をしてしまってすみません。僕はどちらかというとレンズ好きという部類の人でして、レンズには愛着がわいてしまうんですね。

XF35mmf1.4Rは特に富士フイルムに移行して最初に買った単焦点レンズだったりするのでその思いはなおさらの事なのかもしれません。

という前置きはおいておいて、何が好きかというと、やはりXF35mmf1.4Rの写りが大好きなんですよね。

富士イルムのレンズはわりとキリッとした描写が得意なレンズが多い中で。f1.4という明るいf値、解放で近接撮影でもするものなら、フワフワ柔らかいボケ。

 

全郡繰り出しのAF構造によって、ややもっさりしたAFをしていますが、それも、富士フイルムはこの構造の方が画質を優先するが故の富士フイルムらしい仕様だったりするところさえ好きす。

吹き出し画像あめ
おっと。このまま話をしていると話の終わりがみえないので、先に進みましょう

XF35mmf1.4Rは神レンズ。単焦点の楽しみを教えてくれる。

XF35mmf1.4 フード

僕個人の感想として

 

富士フイルムにきてこのレンズがあったのは幸せだ

 

こう思うわけです。まあ個人の感想なので、当てにならない見解ですが。

 

富士フイルムがXマウントをこの世に登場させるのと同時に作られたレンズで、富士フイルムの中でも古株で、Xマウントを成功させるために作られたレンズなのです。

「富士フイルムのレンズに外れなし」

よくこういう風に言われたりしますが。まさにこれ。

 

よくボケてよく写る、雰囲気よくとれる魔法のようなレンズ

 

人によって神レンズは違うかもしれませんが僕の中では確実にXf35mmf1.4Rは神レンズだと思っています。

 

開放f1.4で明るいレンズなのでよくボケる。

とにかくボケればいいといわけではないのは重々承知の上でよくボケるのでおすすめしたい。

大は小を兼ねると思っていてボケを作れると表現力に幅が出ると思います。

もちろんXF35mmf2もいいレンズでメリットが異なると思うので、一概にダメだとかそういった話ではないんですが。

 

XF35mmf1.4
近接で開放はピント薄々でこんな感じ。

こんなにぼかして撮影することはほとんどないけど、記事を書きながら見てもすごいボケ方をするレンズだなぁとしみじみ思う。

雰囲気が出る描写が好き。

XF35mmf1.4Rはとても雰囲気よく写ります。

よくハッとさせられる写真を吐き出してくれるのですが、この下の写真もそんな一枚です。

 

XF35mmf1.4
夜の新宿に2人だけでいる子供

主題となる被写体はキリっとピントが合いって被写界深度が浅いので、それ以外はきれいにボケます。

新宿は明るいですが、それでも夜でこの質感がサクッと撮れるのはすごいと思います。

 

XF35mmf1.4

なんだか雰囲気良く撮れてしまうのも、このレンズならでは、焦点距離が、35mm(換算53mm)で標準域だからこそ、のちょっとした立体感がでているきがします。たとえば同条件で同じ立ち位置から18mm(換算27mm)だとこうはいかないきがする。

XF35mmf1.4

ピント面の解像感と木の質感、も障れるようなザラザラした質感で描写できています。光の質感も表現できていると思います。

そしてなだらかなボケは本当にそれだけで絵になるんです。

 

 

絞るとかなり解像するのが好き

XF35mmf1.4rは絞るとかなり解像度がたまります。富士フイルムのレンズの凄いところは本当によく解像します。等倍鑑賞をしても荒れることなく、きっちり解像をしているのが、個人的に富士フイルムの好きな所であるのですが、それはまた別の記事に書きましょう。

XF35mmf1.4

一番外側の花弁のざらざらした質感がしっかり出ています。開放もいいですが、絞ってリアルな質感を表現するのも。楽しいです。

XF35mmf1.4

マクロレンズではないですが、細かい所までよく解像しています。

XF35mmf1.4

本当になんでもない一枚ですが、葉っぱの質感がしっかりと表現されています。

 

程よい距離感のポートレートが撮れる。

XF35mmf1.4rを使ってポートレートを撮るというのも僕は結構好きでよくやります。

一般的にはポートレートといわれると換算で85mmくらいの中望遠単焦点をイメーする事が多いと思いますが、標準域でのポートレートは室内での距離感もつかみやすいし、構図で回りの余白がしっかりととれてほどよい距離感を保てます。

XF35mmf1.4

先日髪を切りに来てくれたクロギ氏。このときもXF35mmf1.4rで撮影をしました。

いやほんとにイケメンに撮影出来るレンズなんですよね。

XF35mmf1.4

前ボケを入れつつ、撮影してみましたが、しっかりと、被写体は立体感が保てて、前ボケ、後ボケ共にザワザワしすぎない感じで撮影ができます。

XF35mmf1.4 ポトレ

花柄のところの解像感もいい感じです。この標準域のこの距離感がすきなんです。

僕のメインレンズのXF16-55mmf2.8でもポートレートをよく撮りますが、全く別のボケと柔らかい感じもだすことができます。

やはりここはf1.4という明るいレンズの恩恵ですね。

 

 

要はただのXF35mmf1.4rファンです。

 

みなさんもどうしても好きで好きでたまらないレンズってありますよね?そうです。ただのXF35mmf1.4好きが好きなところをつらつずっただけの記事なんです。

 

だから僕の神レンズで相棒なんです。

 

 

そして人はこの病気な状態のことを「レンズ沼」と呼ぶのです。

 

レンズ沼Tシャツ

 

もし街でこのTシャツを見かけた際には声をかけてあげてくださいね。

広告