【作例多数】XF56mmf1.2APDをレビュー|極上のボケの中望遠単焦点レンズ

【作例多数】XF56mmf1.2APDをレビュー|極上のボケの中望遠単焦点レンズ

こんにちわ「髪を切って写真を撮る人」あめちゃん(@amedia_onlineです。

中望遠単焦点XF56mmf1.2Rというレンズの別バージョンで存在するXF56mmf1.2R APDというレンズ。富士フイルムのXマウントの単焦点の中でも飛び抜けて価格が高いレンズです。気になっていた人も多いかもしれません。

勢い余ってXF56mmf1.2R APDを手に入れてしまったので紹介をしていきます。

このレンズを手に入れる前に富士レンタル通信で比較記事をつくっていますのでそちらも見て見てくださいね。

XF56mmf1.2R 無印とAPDの違いをX-T3使って描写や使用感を比較検討してみました。【富士レンタル通信vol.6】

スポンサーリンク

XF56mmf1.2R APDとは?

X-T3にXF56mmf1.2APD XF23mmf1.4レンズフード

富士フイルムの中望遠単焦点として人気の高いXF56mmF1.2 RをベースにAPD(アポダイゼーションフィルター)という滑らかなボケを生みだすフィルターを搭載したレンズ。ただでさえXF56mmf1.2Rがとても評判のいいレンズなのにさらにボケの綺麗さを追求したというレンズ。

XF56mmf1.2 R APD

XF56mmf1.2R APDはお値段で言うと、XF56mmf1.2Rよりも約1.5倍くらいする。いや値段だけではなくて色々な事と引き換えに、極上のボケを手に入れる事ができるレンズなんです。

細かいことは後でメリットデメリットで要点はまとめるとして

僕は趣味にズブズブにはまっていくタイプなので「もっといいレンズ・もっといい描写・もっといいカメラ」みたいなもっと、いいレンズがどうしても欲しくなってしまうんです。

そういう沼に入ってしまった人の色々な欲をみたしてくれるレンズがXF56mmf1.2 APDという存在なのかなと。

 

XF56mmf1.2 R APD
外観的な特徴で言えば絞りリングのにオレンジの文字

XF56mmf1.2R APDの特徴は、APDフィルターが入っているために実際の明るさが表記と異なるためオレンジの文字で実際の明るさが書いてあります。

オレンジの文字がf5.6で消えているのはそれ以降はAPDフィルターの恩恵がありませんよという意味らしいです。APDフィルターの恩恵を最大限生かすためにXF56mmf1.2R APDは最初からND8のフィルターが同梱されています。

もし中古などで同梱されていない場合は、できるだけ開放付近で使用するのにND8は用意したいところですね。

 

スポンサードリンク

スペックとメリットデメリット

型番 XF56mmF1.2 R APD
レンズ構成 8群11枚 ※APDフィルターを含まず
(非球面レンズ1枚、異常分散レンズ2枚、APDフィルター)
焦点距離 f=56mm
最大口径比(開放絞り) F1.2
最小絞り F16
撮影距離範囲
0.7m~∞
最大撮影倍率 0.09倍
質量(約) 405g
フィルターサイズ ø62mm

XF56mmf1.2Rシリーズは、最短撮影距離が70cmまでしか寄れないレンズいなっています。最大撮影倍率で言うと0.09倍です。

これはXマウントのレンズの中でもかなり低い値になっているので基本的にはよれいないレンズの部類に入るレンズです。

 

フィルターサイズは62mmでXF23mmf1.4と同じフィルター径になっています。

XF56mmf1.2R APDは、XF23mmf1.4のメタルフードが同じサイズなので付いたりします。ドレスアップとして最高に格好良いので、おすすめです。

XF23mmF1.4R角型メタルレンズフード(LH-XF23)はXF56mmf1.2にも使えて超おすすめです

メリットは?

  • とろけるようななめらかなボケ
  • APDフィルター搭載レンズとしてAFが使えるのという事(発売当時世界初)
  • APDフィルターにより実際には絞りがf1.7相当になるため、開放でも解像感が増している(被写界深度が深い)

デメリットは?

  • APDフィルター搭載のため位相差AFが使えなく、コントラストAFのみになってしまう
  • APDフィルターにより実際には絞りがf1.7相当の明るさになってしまう
  • 価格がなかなか高い。実売で13~14万円くらい

 

AF精度はお世辞にも高いとはいえない。でも…知った上で買ってます

XF56mmf1.2R APDに関しては、APDフィルターが入っているので、コントラストAFのみになってしまうため、どうしてもAFが迷いがち。(全く合わない訳ではもちろん無いが、わりと外すことも多い)もっと言うと、AF-Sでシングルポイントの設定でも外すことがある。

実際に普段から使っていて、動きものはAFが追いつかないなと感じることが多いですね。街中のスナップとかで被写体が静物だったりする場合にはそこまでAFで困ることはないかなと思います。

 

なんにせよ一番もったいないと思うのはX-T3などの第四世代のセンサーになり、AF精度や速度が革新的に変わったのにそこの恩恵を最大限うけることができないということです

富士フイルムX-T3の爆速AF、瞳AF、フォーカス精度があるから使いたくなる、おすすめレンズ3選。【作例追加】

 

 

XF56mmf1.2 R APDの極上のボケ

XF56mmf1.2 R APDに興味を持った人が何を求めているかといえば、とろけるような柔らかいボケではないでしょうか?

XF56mmf1.2 R(無印)はボケがザワザワすると感じてしまう人はAPDが気なってきているはず

先程も説明した通りAPDフィルターによって極上ボケを作っているわけです。

XF56mmf1.2R APD

この写真のようなとろけるようなボケに魅了されないと、XF56mmf1.2 R よりも約1.5倍の価格の、このレンズを購入することはないでしょう。

どこまでとろけるボケを体験したいか?そういうことになってきます

 

スポンサードリンク

 

XF56mmf1.2 R APDの作例

XF56mmf1.2R APD はとにかくボケ味が綺麗なので背景がざわつかないののと中望遠単焦点独特の立体感で、その場の空気感をごそっと切り取ったかのような描写をするなと感じてます。

 

XF56mmf1.2R APD

ボケがザワザワしていると、どうしても分離してしまう気がするんですよね。

クラシッククローム カスタム設定

XF56mmf1.2R APD

XF56mmf1.2R APD

XF56mmf1.2R APD

XF56mmf1.2R APD

 

XF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APDXF56mmf1.2APD

開放f値が実際にはf1.7 になってしまうことはデメリットだけではないんです。少し絞った状態になるため被写界深度が深くなるので、キリッとした写りをするという事がメリットとして捉えて撮影で来ます。

とわいってもまだまだピントが甘い写真を量産してしまったりと、僕の技術面で使いこなせていない感がありますが、じっくりとものにしていこうと思っています。

この写真の色味は全て撮って出しです。

映画のような色味の写真が撮りたい | クラシッククロームをカスタム設定してみたよ。

 

 

XF56mmf1.2 R APDを買ってよかったか?と質問されたら。

本当にこのレンズをちょっとでも検討している人は無印と相当なやむ事になると思います。

AF精度とか、コントラストAFしか使えないとか、開放F値が実質暗くなるとか、手放しにAPD一択で買った方がいいというのは言えないレンズなんです。

というのは僕もかなりなやんだ末にAPDにしましたから。痛いほど分かります。

でも買って使っていて今「XF56mmf1.2 R APDを買ってよかったですか?」と聞かれたら、

 

「このレンズじゃなきゃ撮れない絵はあると思う、買ってよかった後悔はない」

と使用している現在では思っています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

Amazonでお得に買い物をする方法

CTA-IMAGE Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージするのがおすすめです。 ポイントが付きにくいAmazonだからこそ上手にお得に買い物をしたいところですね!!! チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のポイントが貯まりますよ♪