富士フイルムXF16-55mmf2.8が旅行におすすめな4つの理由。

こんにちわ 髪を切って写真撮る人 あめちゃん@amedia_onlineです。

カメラ好きなら旅行に行く前に、レンズは何を持っていくか悩みますよね?

あぁ中望遠はポトレように欲しいし。望遠も??標準単焦点はさすがにいる??悩みすぎてショートしますよね?わかります。怖いくらいにわかります。

もう。そんなのは終わりにしましょう。

 

XF16-55mmf2.8が旅行に本当に本当におすすめなんです!!!

 

僕はXF16-55mmf2.8のレンズ1本で何度か旅行に行っています。その経験を踏まえてお勧めする理由を4つあげていきたいと思います。

 

広告

XF16-55mmf2.8とわ??

XF16-55mmf2.8

通称赤バッチの大三元のf2.8の通しの標準ズームです。

画質がもはや単焦点レベルと評判のレンズで換算で24mm~84mm相当の焦点距離をF2.8でカバーした「XF標準ズームレンズ」のフラッグシップモデルです。高度な光学設計により各種収差を極限まで抑えることで、ズーム全域で画面の隅々まで高い解像力のズームです。

 

 

 

まず、レンズの重さが655gとわりと焦点距離からすると重いレンズになっています。もちろんサイズもかなり大きくなっていますが。単焦点レンズを何本か持っていくとすると655gはすぐに超えてしまします。

 

重いんですよ。重いんですけど・・・それを凌駕してくれる働きをしてくれるから実質0gです。

 

僕が普段からXF16-55mmf2.8を使っている理由をお話していきますね・・・(実質0gはいいすぎたか・・・)

 

 

 

1、流れのはやい旅行だからこそシャッターチャンスを逃さないレンズが必要。

旅行は電車にのって移動したり、目的地であそんだり観光したり、海も。森も、川も、色々な場面があります。僕も以前は単焦点大好きっ子だったので普通に被写体にあったレンズを付け替えていました。

でも、旅行先では建築物、人物、美味しいご飯から、景色、など被写体が目まぐるしくかわるので、その度に付け替えているとかなり大変だということに気がついたんですよね。

(単焦点野郎の時ってレンズを付け替えるのが当たり前だから面倒ってあまり感じてなかったんですが。)

気がついちゃいました~

 

という大きな理由があるのですが、それよりも

レンズを付け替える間にシャッターチャンスを逃してしまう事もあるんですよね

 

毎日通勤する道なら明日同じところを通って、撮影すればいいかもしれませんが。

遠い旅行先では何度も来ることことが出来ないかもしれません。

XF16-55mmf2.8なら付け替えることがないから撮れるんですよね。

 

 

2、広角端16mm(換算24mm)は景色を撮るのに必要十分で。広角ポートレートにも使える

江ノ島

まず旅行に行くと旅行先の景色を撮りたいですよね。この時は鎌倉に旅行に行ったときの江の島です。鎌倉旅行ではほぼXF16-55mmf2.8一本で撮影をしていますが、個人的には16mm(換算24mm)で景色は大体収まってしまいます。

XF10-24mmf4などの超広角ズームの広角感を知っているとものたりないかもしれませんが、16mmって結構広角ですよね??(この認識は僕だけです?)

広角ポートレートで、背景をしっかり入れ込んで撮影できる。

鎌倉旅行 広角ポトレ
広角ポートレート

人物をアップで入れつつどこで撮ったかわかるよう背景も入れたいですね。そんな時は広角側で撮影するのもおすすめです。広角側でも全くボケないわけではなく、f2.8と明るいのでほどよいボケ量と立体感を作る事が出来ます。

 

 

3、望遠端換算84mmでf2.8だとポートレートがとりやすい。

鎌倉写真

XF16-55mmf2.8は開放がf2.8です。僕はやっぱり換算で84mmの焦点距離でf2.8というのがこのレンズの持ち味だと思っています。f2.8だと上の写真みたいにバストアップくらいだと結構ボケ量を稼ぐことができますし。全身入れたら、背景がしっかりわかるくらいのボケ量になります。

例えば大体同じ焦点距離のXF18-55mmだと望遠端はf4になってしまってバストアップでももう一息欲しいなというボケ量だったりします。

このf値の明るさが、最終的に家族写真でいい写真になっている場合もおおいと思っています。

f2.8というのは背景がボケすぎなくて旅行には向いている。

いま上で散々ボケを作れるからいいと言いながらぼけすぎないからいいということを発言しますが。

僕の中で旅行中の写真は作品ぽっく撮りたい写真もありますが、どこに行って、どんな事をしたという記録写真という撮り方もあります。

そうした時に、f2.8だと背景がボケ過ぎていなくて、どこに行ったのかとか分かって。ちょうど良いボケ加減なんですよね。

 

 

4、常に100点は狙わずに常に80点をたたき出せるレンズ

もちろん富士フイルムの単焦点レンズはとんでもなくいい写りをします。XF16mmf1.4にしてもXF56mmf1.2にしても。XF35mmf1.4にしても神レンズと呼ばれるレンズがたくさんありあす。

適材適所にベストなレンズが存在するというのもとてもよくわかります。ポートレートだったら、XF56mmf1.2でもXF90mmf2でも僕も使いたいです。

でも広角も中望遠も必要な旅行だと全部のレンズを持ってい歩いたらおもくて死んじゃいます。

 

XF16-55mmf2.8はベストな選択肢ではなかったとしても80点くらいをたたき出してくれるレンズ

80点とは言ってもキレのある描写力は単焦点に劣らない性能を持っていますし、このレンズが100の点のシチュエーションもたくさんありあります。

80点位を全焦点域で出せるとしたらなんて使い勝手がいいレンズだとは思いませんか??

 

 

 

 

XF16-55mmf2.8は旅行で最高の思い出を撮影できるレンズだと思っています。

いろいろ書きましたが、旅行の時の写真を見てもられるのが一番の作例かなと思います。よかったらみていってくださいね。

 

鎌倉旅行 アイキャッチ画像

古都鎌倉は最高にフォトジェニックだった。家族旅行と撮影旅。

軽井沢

星野リゾート「ブレストンコート軽井沢」へ家族旅行。まるで別世界の撮影旅。

 

広告